ランド・オブ・オズ1
<< TORIK -トリック- 劇場版 2 | main | M:i:III −ミッション・インポッシブル3− >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
バルトの楽園

年末が近づくと何故だかそこかしこで、ベートーベンの第九が演奏されます。日本人が好きなクラシックの一つに必ず上がるだろうこの楽曲が、いかに日本に伝えられたか。第一次大戦後のドイツ人捕虜によって行われた日本初の第九公演を、事実に基づいて描いた作品。

あまり前情報を仕入れないで観たのと、最初の解説をボケッとして聞いていなかったせいで、時代設定が第一次大戦だとは知らずに、
「何で日本とドイツが戦ってんだ?」「何でドイツが中国まで侵攻してるんだ?」と悩んでしまいました・・・。

国内に何ヶ所か捕虜収容所があり、ほとんどが捕虜に対して粗末な扱いをしていたが、本作の舞台の坂東収容所においては、所長の松江の判断で、捕虜達はかなり自由な生活を送っていたのだそうです。

冒頭の戦闘シーンこそ動きはありますが、どちらかというと地味な作品。
話は、実にゆったりとした速度で進んでいきます。
したがって、コレといった事件が起きないまま淡々とエピソードが紡がれていくので途中でうとうとしてしまい、残念ながら一瞬堕ちてしまいました。

個々のエピソードはそれぞれ面白いものがありました。が、どれも短くブツギリ感があります。もう少しつながりを上手くして、ある程度エピソードを削ってスリム化し、代わりに主要人物の心情描写を深めていけばもっと優れた作品になっただろうに。(かなりの修正?笑)

配役は結構なベテラン勢を取り揃えてきました。
さすがのマツケンは、悠然とした存在感で人情味あふれる役を演じていました。坂東英二や泉谷しげるなど、その他の将校の考え方が当時は(今でも?)当たり前だったと思いますが、その批判のなかで信念を曲げず、捕虜も同じ人間として扱った行動は素晴らしい人道者だと感じます。
ブルーノ・ガンツと聞いて、ハテ誰だっけ?と考えましたが、ヒトラーの人ですか。ベルリン天使の詩?ああ、思い出した、アレは良かった。。。
しかし彼を引っ張り出したのなら、もう少し含蓄のある役を与えられなかったものか。出番も少ないし。

『第九』演奏に繋がるものが、子供たちに楽器を教えている人ひとりのみ、というのは話が弱い気がしました。捕虜達が普段から演奏や合唱をしているさまが映し出されていれば良かったと思うのですが。

でも、ラスト、そしてエンディングに繰り広げられる大合唱はさすがに体の芯が熱くなる感じでした。

ブラスバンドをやっている友人に言わせると、オーケストラの世界では初演奏というのは価値があるらしい。今まで日本では知られていなかった楽曲を初めて知らしめた誇りを手に出来るのだそうです。
現在の日本における『第九』の存在感を見せたら、この捕虜たちはさぞかし誇りに思うでしょうね。

現実逃避度 ★★★☆☆
感動度   ★★★☆☆
ゆったり度 ★★★★★
≪総合評価≫ ★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)

↓以下【作品詳細】&【ネタバレ感想】
1914年。第一次世界大戦での戦いに敗れたドイツ兵4700人が捕虜として日本に送還され、各地にある収容所に振り分けられた。捕虜たちは過酷な収容所生活に不安を募らせるが、徳島県鳴門市にある板東俘虜収容所では、所長の松江豊寿(松平健)の指導の下、地元民と捕虜との融和を図るため、捕虜たちに寛容な待遇を施していた。
『きけ、わだつみの声』の出目昌伸監督が、第一次世界大戦中の徳島県鳴門市の板東俘虜収容所で起きた実話を基に描いた感動ドラマ。
軍人でありながら自由と平等の信念を貫き通した所長の松江豊寿を松平健が貫禄たっぷりに演じるほか、『ヒトラー〜最期の12日間〜』のヒトラー役、名優ブルーノ・ガンツがドイツ軍少将をいぶし銀の魅力で助演する。3億円を投じて再現された収容所の巨大なオープンセットも歴史のロマンを感じさせる。

製作年度 2006年
製作国・地域 日本
上映時間 134分
監督 出目昌伸
製作総指揮 岡田裕介 、宮川也
脚本 古田求
音楽 池辺晋一郎
出演 松平健 、ブルーノ・ガンツ 、高島礼子 、阿部寛 、國村隼、大後寿々花、オリバー・ブーツ、コスティア・ウルマン

【ネタバレ感想】
◆第一次大戦の頃の様子は、現在では語られる事が少ないので新鮮な気持ちで観る事ができました。ですが、舞台がほとんど収容所内なので、民衆の様子や世相をもう少し描いて欲しかった気もします。そこまでやると焦点がボケるでしょうか。
◆坂東収容所だから、坂東英二ゲスト出演?(んな安直な事は無いかw)ひげを生やした坂東英二が、水野晴郎に見えました・・・。
◆久留米の収容所の様子は坂東英二の言葉から想像するしかありませんが、もっと映像で比較してやるとよく分かるのに。
◆チンタオにドイツの基地があった事は知りませんでしたが、さらにそこにドイツ人と結婚するぐらい啓けた日本女性がいたなんて。
◆ドイツ人総督が自殺を図る時、頭を狙っていたのにケガは腕ですか?
◆事実を描くにしては、正直言って綺麗にまとめ過ぎる気がしました。松江所長がドイツ人を優遇しても、見張りの兵隊達とは衝突があったでしょうし、民衆と交流したとはいえ、ほとんどの一般人は怖くて恐る恐るだったんじゃないのでしょうか?あの祭りも、あんなにほのぼのとはしていなかったんじゃ?
◆ドイツは敵国とはいえ、実際に日本国内に被害を及ぼしたわけではないので、恨みや憎しみは生まれなかったのかもしれません。太平洋戦争の頃のように悲惨な国内情勢ではなかったと思いますが、当時の日本は捕虜に贅沢させられる程、裕福だったんでしょうか?
◆パンを焼き、ビールを飲み、音楽を堪能し、海水浴を楽しみ、印刷の機械まで揃えてもらって、新聞を作り、ポスターも印刷。自由を与えるというより優遇しすぎかと思う。
◆村人の方が、よっぽど貧しい生活をしているし、逆に反感を買いそうなものだが。
◆あのような行為をした松江所長が、その後軍から国賊者として裁かる事はなかったのでしょうか。その後が気になります。

◆松江所長の幼少体験が現在にどう影響しているか、など、もっと掘り下げるべきだった気がします。
◆馬番の平田満は、なぜあんなにドイツ人を毛嫌いしていたのでしょうか。
◆自家製のバイオリンの音色が良さ過ぎる。見よう見まねで作ったのに、あんな音が出るか?こういう処にリアルさがほしい。
◆若いドイツ人と中山忍が、どういう経緯で出会い折り紙を教えてもらったのか、いつの間に恋愛関係にまで発展したのかサッパリ分からないのでサッパリ感情移入できません。
◆混血少女(志を)の身の上など、もう少し語られてもいいのに。どこにいるか分からない父を探して一人でどこからやってきたの?坂東に手がかりがなかったら次の収容所まで歩いて行くつもりだったの?
◆養父を申し出たカルルと、少女の実父の関係は冒頭の戦闘シーンで表しただけで、カルルがどんな責任感で彼女を育てたいと思ったのか、彼女がなぜ松江家を出て知らないドイツ人の下へ行こうと思ったのか、もうちょい描いて欲しかった。
◆でも大後寿々花ちゃんはカワイイ。オリエンタルな顔つきに青目はムチャクチャ不自然だったが。彼女は北の零年、SAYURIと大作続きですね。安達祐美のようにアイドル化されず、すくすくと育ってほしい。
◆クライマックスの合唱前の、総督がマツケンに杖を渡す場面は・・・特に意味がない。深い友情を感じるほどの交流が描かれなかったので感動もなし。
◆広場で第九を演奏するが、音がキレイすぎてウソっぽかった。野外での演奏ならあれほど響かないし、何より寄せ集めの楽器での演奏、しかも合唱も素人による男性合唱。もう少し下手っぽいとリアル感が増すのに。
◆エンドロールの音楽が、ある意味一番の見どころ(聞きどころ)だったかもしれない。

◆周りの観客を見ると年輩者が多数。この年代の理解速度能力に合わせればこのゆるい展開にもうなずけるか。かく言う私も親を連れて行き、親は感動したと言っていたのだから。
◆多分、学校の体育館で生徒相手に上映するんだろうな〜なんて、うがった考えもしてしまいますが・・・。
| 邦画−は行 | 14:17 | comments(3) | trackbacks(4) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 14:17 | - | - | ↑TOP
 
【大後寿々花ちゃんはカワイイ。オリエンタルな顔つきに青目はムチャクチャ不自然だったが。彼女は北の零年、SAYURIと大作続きですね。安達祐美のようにアイドル化されず、すくすくと育ってほしい。】
に同感です。
新人と思っていましたが、『北の零年』、『SAYURI』に出ていたんですか。 どちらも見たんですが気づきませんでした。
そういう擦れていないところが好いんでしょうね。
| JUNSKY | 2006/07/02 11:05 PM |
>JUNSKY 様
いらっしゃいませ。コメントありがとうございました。
寿々花ちゃんは、北の零年では、吉永小百合の娘の少女時代、SAYURIでは、SAYURIの少女時代を演じました。(実はSAYURIは観てないのですが ^_^;)

最近は優れた子役がどんどん育っていますね。
若くして成功すると、人生が狂ってしまう人が多々いますが
彼女には謙虚にこれからの人生を送って欲しいです(ってまだ12歳だそうで)
| ぽたます@管理人 | 2006/07/03 11:03 PM |
関西(大阪京都神戸)水商売求人アルバイト情報 bright size life
| キャバクラ求人アルバイトbsl | 2010/04/07 9:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://genjitu-touhi.jugem.jp/trackback/90
トラックバック
「バルトの楽園(がくえん)」
(写真は徳島新聞Web特集版より) 久々の映画レビューです。 「バルトの楽園(がくえん)」を7月1日に見ました。土日は11:15からの一回だけという不遇さ。  第一次大戦時、日本軍の捕虜となったドイツ兵たちが、ドイツ降伏を受けて、終戦処理で自由になった時に、
| 観劇レビュー&旅行記と日記 | 2006/07/02 11:10 PM |
「第九」の高らかなシンフォニー「バルトの楽園」  
この種の物語には常に人間愛を類型的に描く危険性がまとわり着き、しばしば評価が分かれるが(「シンドラーのリスト」を想起する)、今作品はぎりぎりの処で踏みとどまっている。松平健が所長役を良くこなし、ドイツ人エキストラたちも生き生きと演じており、「第九」の
| 大津留公彦のブログ | 2006/08/05 5:20 PM |
映画「日本沈没」 リメイク
日本沈没 を見てきました。 「近い将来、それは明日かもしれない・・・」 一定の科学的裏づけもあるだけに、深刻な問題提起をしています。 本当に、1年以内に日本列島がプレートの動きに飲み込まれてしまうのか・・・? 倉木美咲役の福田麻由子がうまい。 子役とは
| 観劇レビュー&旅行記と日記 | 2006/08/11 9:55 AM |
大後寿々花
大後寿々花 テレビドラマ 初主演決定
| 大後寿々花 | 2007/03/04 9:04 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!