ランド・オブ・オズ1
<< 花よりもなほ | main | ジャパン敗退 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
ポセイドン

「ポセイドン・アドベンチャー」(1972)のリメイク作品。
オリジナルは何度か拝見した事がありますが、ずいぶん前なので正直内容を忘れてしまっていました。
前作を覚えているとイヤでも見比べてしまいますが、忘れていたせいもあってか私的には結構面白く感じました。リメイク作品目白押しの中で、これは久々のヒット(もちろんツッコミどころだらけですが)映画館ならではの臨場感と息をもつかせない速い展開で、観ている者をグイグイ引き込みます。

冒頭の、ワンカットで見せるポセイドン号の全景はほとんどCG合成だそうで、ここでやられました。私はこのような回り込んでイヤラシク舐めるような構図が好きなのです(笑)

その後、人物紹介もままならない内、あっという間に津波に襲われます。転覆シーンは素晴らしい映像と音響で迫力なのですが、とても早い展開なので、正直もう少し丁寧に描いて欲しかった気がします。あれだけの大津波の原因とかまるきり触れられていません。それまで気付かないクルーも間抜け。
そして、あっという間に転覆。パーティ会場は阿鼻叫喚の渦。
「ここにいると危ないぞ」と寄せ集めのチームを結成し、船長が止めるのも聞かずさっさと上がっていってしまいます。結果的には上がったチームが正しかったわけですが、何だか抜け駆けで、上がったもん勝ちのようでした。
「会場の皆さん、ここは危険です。私を信じて付いて来なさい!清き一票を!」ぐらい元市長には演説ぶちかまして欲しかったです。

さて、ここからがジェットコースターの如く、次から次へと様々な困難が降り掛かります。死ぬ者あり、殺される?者あり。迷子になる者あり。
最新のVFX&実際に使用された大量の水のおかげで、迫り来る水の描写は迫力満点。あちこちから炎も噴き上げます。上へ上へと逃げ続けないとあっという間に水や炎に巻き込まれ即死亡という緊迫感。とにかくそのスピード感とテンポの良さは圧巻でした。

オリジナル(うろ覚えですが)と本作とでは、設定と舞台だけが同じでストーリー的にはかなり変更しているようです。
オリジナルの要素であった人間ドラマが少し欠けている気はしますが、監督はリメイクにあたって何を重視したのでしょう?本作は人物の掘り下げなどほとんど描かれず、とにかくアクション、パニックシーンの連続です。
実際に船に乗り合わせたと想像すると、他人がどこに住んでいて、どういう仕事で、何を目的に乗り込んだかなど知る由もありません。
今にも死ぬかも知れないときに自己紹介もしないでしょう。
「あなた、どんな人生を送ってきたの?」なんて身の上話を聞いているうちに溺れ死にます。

共通点は生きたいと願う心のみ。人物描写をあえて省く事で、見知らぬ者同士が生死を共にする極限状態、という疑似体験が出来たような気がします。もっと言えば9・11のような突然テロに襲われた場合の疑似体験がここには描かれているのではないでしょうか?私は観ているうちに実際に彼等と共に遭難しているような錯覚にとらわれました。

上映時間は98分で大作映画としては短いです。この映画はオリジナルとは別物として見る事をおススメします。DVDよりは劇場で。場内が明るくなった後、映画の内容は残りませんが、ドッと疲れが残ります。


現実逃避度 ★★★★★
スリル度  ★★★★★
蹴り落し度 ★★★★★
≪総合評価≫ ★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)

↓以下【作品詳細】&【ネタバレ感想】
【作品詳細】
大晦日の夜。北大西洋を航海中の超豪華客船・ポセイドン号では華やかなパーティーが開催されていた。
しかし、その時超巨大津波がポセイドン号を飲み込んだ!、船は完全に転覆し上下反転。しだいに沈んでいく中で、人々は生き延びるために懸命に手を取り合い、力を振り絞って脱出を図ろうとする。しかし、想像を絶する危機が疲労した乗客たちに次々と襲い掛かり・・・。
1972年に公開されたパニック映画『ポセイドン・アドベンチャー』をウォルフガング・ペーターゼン監督が現代版にリメイク。船が転覆し上下反転した客船の中を、老若男女8人が協力し合ってサバイバルを決行する。

製作年度 2006年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 98分
監督 ウォルフガング・ペーターゼン
製作総指揮 シーラ・アレン 、ケヴィン・バーンズ 、ジョン・J・ジャシュニ 、ベン・ワイスブレン
原作 ポール・ギャリコ
脚本 マーク・プロトセヴィッチ
音楽 クラウス・バデルト
出演 カート・ラッセル 、ジョシュ・ルーカス 、ジャシンダ・バレット 、リチャード・ドレイファス 、ジミー・ベネット

【ネタバレ感想】
◆「何か様子が変じゃないか?」一人が言い出してやっと気付くなんて、なんてアバウトなクルーでしょうか?大みそかという事で確かに油断はしていたでしょうが、あんな大波だったら予兆はあるでしょ?もっと前からセンサーで察知出来るんじゃないの?
◆カートラッセルが元消防士という設定なので『バックドラフト』を思い出します。元ニューヨーク市長という設定は特に必要なかった気がするが、消防士が市長になれるなんてよっぽど優秀だったのね。
◆あの設計士?のじいさん(あれってリチャード・ドレイファスだったのか、気付かなかった…)はゲイって設定だったのか?冒頭のパーティの時、あまりにさらっと「彼と別れた、云々…」と言ってたので不明だった。でも、その後の行動はゲイっぽくなかったな。若い女性に寄り添っているのでエロじいさんみたい。
◆エレベーターの場面。『地図』と呼ばれる若いボーイが、先にと設計士を渡らせてくれたのにも関わらず、「生きたいなら振り落とせ」の一言で、その設計士にガンガン蹴り落とされたという非情な演出だった。極限状態ならそうなってしまうのかも知れないが、いかにも後味が悪い。
◆ジョシュルーカスの役はドライな男で、最初一人っきりで逃げるつもりだったし、振り落とせ!と叫んだのも彼だが、逃亡の最中にやたらみんなを助けるいい人になってしまった。
◆船内のセットがゴチャゴチャしすぎていて、転覆で上下逆さまになっている状況が良く分からなかった。逆さまにならではの面白い設定を生かしきれていない。
◆クリスは足を鉄骨に挟まれケガしていたハズなのに、いつの間にか直ってしまったようだ(笑)
◆突然出てきたラッキーマンは、案の定あっという間に死んでいった。アンラッキー…。彼をもっと生かしておいて、みんなを振り回す役柄をさせれば面白かった。
◆消化用ホースで綱渡りをする場面。ジョシュがホースの端を持って水中に飛び込んだのだが、その水面にはかなりの量の燃料が燃えているはず。普通は一面に炎が広がるんだが、燃え盛っているのは水面の一部だけ。端の方には燃料は浮いていないし燃えてもいない。
◆クライマックスのプロペラのエピソードはなかなかアイデアものだった。ここ一連の話は一番の盛り上がり。45m(だっけ)下の制御室へ行かないと止められないなんて事はないとは思うが、(緊急時用に近くにコントロールパネルぐらいあると思う)父が娘たちに将来を託す気持ちが表れた場面だった。
◆そして、ボンベを投げ込み、ってところでまたジョシュがいい具合に外してまたドキドキ。ま、普通あんな風だったら、スポッと吸い込まれるだろうが。
◆ところで、プロペラの部分って、空気を吐き出したり吸い込んだりするものなんですか?よく知らんけど…。
| 洋画−ハ行 | 11:06 | comments(2) | trackbacks(4) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 11:06 | - | - | ↑TOP
 
こんばんは!
これは、見に行って良かったです!
オリジナルに勝てそうなところだけで勝負したのが、良かったと思います。
手に汗握ったし、、、
| 猫姫少佐現品限り | 2006/07/04 3:28 AM |
>猫姫少佐現品限り 様
いつもありがとうございます(^▽^)

そうですね。W・ペーターゼン監督なら、優れたヒューマンドラマを作れると思うのですが、あえてパニックを強調した作りでした。
手に汗にぎって、見終わった後とても疲れました。これだけ疲れた映画は久々です。

| ぽたます@管理人 | 2006/07/05 1:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://genjitu-touhi.jugem.jp/trackback/79
トラックバック
ポセイドン 映画
ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション (初回限定生産) 販売
| 15万円からの投資チャレンジ!! | 2006/06/21 12:41 PM |
ポセイドン 06年137本目
ポセイドン 2006年  ウォルフガング・ペーターゼン 監督カート・ラッセル 、ジョシュ・ルーカス 、ジャシンダ・バレット 、リチャード・ドレイファス 、ジミー・ベネット 申し訳ございません。 お見それいたしました、、、
| 猫姫じゃ | 2006/07/04 3:27 AM |
ポセイドン
パニック映画は大好きです。 オリジナルに有った、深い人間ドラマは潔くカット。 それが功を奏したと思います。 妄想感想いきます。
| オイラの妄想感想日記 | 2006/08/16 7:06 PM |
ポセイドン
1972年、ジーン・ハックマン主演の「ポセイドン・アドベンチャー 」を ウォルフガング・ペーターゼンがリメイク。 本当は映画館で観たかった。(T^T) DVDで鑑賞。 大みそかの夜。 北大西洋を航海中の豪華客船ポセイドン号ではカウントダウン・パーティの真っ最
| 映画、言いたい放題! | 2006/10/11 3:09 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!