ランド・オブ・オズ1
<< キングダム・オブ・ヘブン | main | 宇宙戦争 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
ハウルの動く城
ハウルの動く城

亡き父の帽子屋で働く主人公ソフィー18歳。彼女は妹に自分のやりたい事やりなよ!と言われながらも、仕方なく帽子屋を引き継いでいる。ある日、町で悪名高い魔法使いハウルに出会い空中散歩を楽しむ。しかしその夜、荒地の魔女の魔法でなんと90歳にされてしまう。このままじゃ居られないと山まで家出をし、そこでハウルの城に潜り込む・・・。

観賞前に私が知っていた情報はキムタクが声をあてるという事くらいでした。
で、正直な感想は・・・消化不良・・・わけわからない!です。
声優については今までもタレント起用の作品は何本もあるので、(嫌いだけど)さほど気にもせず。
ってかキムタク意外と良いジャン!アイドルCDなど
デジタル処理により、まるで別人みたく伸びのある美声に変わるらしい・・・。まさか・・・勘ぐってしまった。

それはさておき、この脚本はいったい!?
何があったの?宮崎さん!びっくり
ハウルとの初見の場面と、空中散歩はとてもステキでした。
しかしその後、ソフィーが呪いをかけられた頃から、ん?ちょっと?と首を傾げ始めました。
『呪い』という言葉には恨み、憎みなどを連想します。ネガティブなソフィーが呪いをかけられ初めは困惑するのは分かるけど、そのすぐ後の明るさというか、変わり身の早さが納得いきません。なんで呪われてポジティブになってるの?何かきっかけが欲しかったのでしょうか?
ハウルの城を見つけた時に何で平気で入っていくの?少しは躊躇してほしかった。「心臓とられる」かもしれないんでしょ?おばあさんの心臓は取らないなんて誰も言ってないのに。
この世界では『魔法』は『呪い』、『心』は『心臓』という呼び方をするだけだと置き換えれば多少は理解できる。そう考えていいのかな〜。

観賞中、どんどんどんどん疑問が膨らむ
ハウルってどこが弱虫なの?
サリマン先生、なぜハウルを戦争に引き込もうとしてるの?
荒地の魔女の召使いの黒子(?)と、サリマンのあの黒い刺客って見分けつかないな?
ソフィーの母親、やけに若いな?なぜ婆ソフィー見ても普通に喋ってるの?
カルを持ち出して城を壊し、またすぐ戻る??いったい何事!?

今のは何だろう?これはどういう意味?等、考えているうちに、後半あれよあれよの急展開!
それもクライマックスを盛り上げる為のスピーディーさではなく、2時間以内に無理やり収めようとしたが為のぶつ切り感。

ハウルとソフィーの恋もなんてスピーディ!これでラブストーリーというにはあまりにも稚拙すぎます。確かに一目惚れってあるけど、2人のふれ合うエピソードが少なすぎる。もっと心の交流がなければ「守りたいものができた」などと言えないだろうし、言ってもサブい。ときめきや切なさを重ねなければ、「ハウル大好き」「愛してるの」の言葉が出てくるわけないじゃない?ソフィーの性格では尚更こんなストレートな表現しない。

こう見ていくとソフィーは元々ポジティブな性格だったのか。魔法(呪い)によって鬱屈した気持ちが取り払われたと解釈すれば分かりやすい。が、その描写はない・・・

ある程度完成されたシナリオならば、説明が省略してあっても想像で補完し、余韻に浸る事もできましょう。
しかし、この作品は不完全です。登場人物の性格が破綻していて観客に伝えられない。これは客の想像に任せるところではないはず。
もうひとつ、計算された謎解きではなく、時間の配分を間違えたとしか思えません。前半の緻密さとこだわりが、皮肉にも足を引っ張りラストの駆け込み描写になったように思います。
または海外公開するため無理やり2時間内に収めたか?(米国は子供の集中力保持の為アニメは2時間を越えないのが暗黙の了解・・・と聞いた。がせネタ?)
せめて、あと20分あれば統制のとれた作品に仕上がったのに・・・。音楽と映像は良かったです。ただ重視すべきは脚本です。 残念です。



評価★★★★☆☆☆☆☆☆(10点中4点)

| 邦画−は行 | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 08:08 | - | - | ↑TOP
 
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://genjitu-touhi.jugem.jp/trackback/5
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!