ランド・オブ・オズ1
<< THE有頂天ホテル | main | キング・コング (2005年版) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
トリノオリンピック
トリノでは熱い戦いが繰り広げられています。
日本中が注目している、かどうかは分からないが少なくとも私は寝不足です。今はカーリングが熱い。映画もやるしね。

しかし冬季オリンピックって夏季に比べると何か盛り上がりに欠ける気がします。なぜなのでしょうか?
基本的に雪や氷の上で競うというのが、熱くなれないのでは?と考えます。
また、夏季に比べて道具が多い、ゴーグルで顔が見えない、そして何より肉体美が見えないモコモコのスキーウェアやジャージはいただけません。個人的に。

友人がチラッと「もっと手に汗握るような競り合いが見たいよな」ともらしました。先日見たスノーボードクロスは非常に面白かった。トップを走っていてもちょっとした油断ですぐ順位が入れ替わる。ショートトラックも見ていて面白い。

そう、やはりレースです。競い合うのです。陸上でも水泳でも競い合うからこそ面白く良いタイムが出るのです。一人ずつ滑ってタイムを競うなど笑止千万!

という事で盛り上げる方法を考えました。
・スピードスケートは2人づつではなく、8コースまで作って8人で競う!これは盛り上がる。

・スノボハーフパイプは、団体戦にして4人同時にドロップイン。ジャンプシーンはまるで噴水のごとく湧き上がる。これは盛り上がる。

・スキージャンプは、最近よく見るCGのアクロバットジャンプ。あれ実際にやってほしいなあ(笑)

・それともジャンプ台を10コース作って10人同時ジャンプ。壮観。斜め横から映すと抜群のショット。これは映画的で盛り上がる。

・モーグルは空中戦。2人で滑って、ジャンプの瞬間、両方がぶつかり合いバランスを崩したほうが負け。これは熱い。

・ボブスレーやリュージュもガッツンガッツンぶつかってほしい。

・フィギュアスケートは、シャルウィダンスのごとく大勢で滑り、一人ずつ落とされていく。華麗さプラス人を押しのける強さを兼ねそろえなければならない。・・・非情。というか、女子プロレスみたいな選手ばかりになりそう・・・。

と言うような提案をJOCにしたいと思います。命を賭けてこそ戦い!極限まで追い込んでこそ良い記録が出る。

なんちてオリンピックは無理でも、何か他の大会でやってくれないかなあ?びっくり日本新記録とかさ。・・・記録、それは儚い。
| わたくし事日記 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 01:01 | - | - | ↑TOP
 
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://genjitu-touhi.jugem.jp/trackback/44
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!