ランド・オブ・オズ1
<< ティム・バートンのコープスブライト | main | ボジョレー・ヌーヴォー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(ビデオ鑑賞)
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

ただいま公開中の『コープスブライド』を受け、改めて本作を見直してみました。
12年前の作品ですが、公開当時はこの表現方法とセンスに驚きました。人形を使ったストップモーションなんて童話とかのお子様向きのイメージしかなかったのに、何ゆえこんな不気味でおぞましい世界を創作したのか?見る人によっては嫌悪感を抱くかも知れません。しかし私はこの世界観は好きでした。なによりデザインセンスがいい。画面の構成も目を見張るものがあります。
『コープスブライド』に比べれば、確かに動きがぎこちないが、そこがパペットアニメのいい所なのです。

監督はヘンリー・セリックとなっていますが、この方はストップモーションに精通した方だとか(詳しく知らないのですみません)
ですが、原案、キャラデザイン、製作とティム・バートンが関わり、その世界観にはティムのイメージが大きく影響していると思われます。


ナイトメアとは、悪夢または夢魔(夢に出て来る魔物)の事。この魔物たちが集まる「ハロウィンタウン」のリーダー≪ジャック≫は毎年毎年、同じように繰り広げられるハロウィンに嫌気がさしていました。彼は森の中で「クリスマスタウン」への扉を見つけ、その中で、とても楽しくきらびやかなクリスマスの光景を見るのです。
そこから帰ってきたジャックは、ハロウィンの代わりにクリスマスを計画するのですが、ハロウィンの世界観しかもっていない彼らが計画したクリスマスとは・・・。

ジャックのいるハロウィンタウンはモノクロ気味の抑えた色調。全体に重た〜い雰囲気がにじみ出ています。対象にクリスマスタウンの色とりどりな事!ジャックでなくても心躍ります。
ハロウィンを全面に押し出した新感覚のクリスマスは、とても不気味で気持ち悪い。ブラックユーモアが効いていて、思わずニヤリとしてしまいます。
特に、子供達に配られるプレゼントが卒倒もの。わくわくしながら開けたプレゼントにあんな物が入っていたら大変です。

ミュージカル仕立てになっていて、各シーンの音楽がなかなか良い。ハロウィンの住人が唄うOPは耳に付いて離れないし、ジャックが一人満月をバックに唄うシーンはとても美しい。

私はこれを観る前、ハロウィンというものがどんな物なのかよく知りませんでした。カボチャをくり抜いたランプと、子供らがお菓子を貰いに各家を廻る、くらいしか知識が無かった。
っていうか、今でもいつがハロウィンでいつがイースターだかよくは分からないのですが(爆

しかし、バートン監督はバットマンより後にわざわざこれに(クラシカルな手法)挑戦するというのがおバカです。CGがドンドン投入されていった頃なのに。しかし敢えてパペットを最新技術で撮影するところが、おバカというより世間に対する挑戦状だったのかも知れません。気味の悪いブラックな内容に仕上げたのも挑戦的ですし。
近年ティム・バートンというだけで客が入る、まるでルーカスかスピルバーグのような存在になって来ていますが、彼のマニアックな作風は本来そんなに持ち上げられる様なものではないと思うのですが。
しかし、自由奔放に作る彼の作品に日ごろのストレスを解消させる事が出来るのかも知れません。(チャリチョコは逆にストレスが溜まりましたが)


現実逃避度 ★★★★★
独特世界度 ★★★★★
ハッピーXmas度 ★☆☆☆☆
≪総合評価≫★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)

↓以下【作品詳細】&【ネタバレ感想】
【作品詳細】
年に一度のハロウィンの夜。“ハロウィンタウン”のお祭りは今年も大成功。しかし、カボチャ大王ジャックは、毎年同じことの繰り返しのお祭りに、ほとほと嫌気がさしていた。
幽霊犬のゼロを連れて森をさまようジャックは不思議な力に引き寄せられて“クリスマスタウン”へ。
彼はそこで、不思議で楽しそうなクリスマスの光景に魅せられてしまい“ハロウィンタウン”に戻り自分でクリスマスを作り出そうと決心する。はたして、ハロウィン風クリスマスは上手くいくのか?

製作年度 1993年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 76分
監督 ヘンリー・セリック
製作・原案・キャラクター設定: ティム・バートン
製作:デニース・ディ・ノヴィ
脚本 キャロライン・トンプソン
音楽 ダニー・エルフマン
声の出演 ジャック・スケリントン(歌) ダニー・エルフマン
     ジャック・スケリントン(声) クリス・サランドン
     サリー・・・・・・・・・・・・・・・・・ キャサリン・オハラ
     フィンケルスタイン博士・・・ ウィリアム・ヒッキー
     町長・・・・・・・・・・・・・・・・・・ グレン・シャディックス
     ロック・・・・・・・・・・・・・・・・・ ポール・ルーベンス
     ショック・・・・・・・・・・・・・・・・ キャサリン・オハラ
     バレル・・・・・・・・・・・・・・・・ ダニー・エルフマン
     ウギー・ブギー・・・・・・・・・・ ケン・ベイジ
     サンタクロース・・・・・・・・・・ エド・アイヴォリー
 


【ネタバレ感想】
◆「ハロウィン」は毎年10/31に行われるらしい。収穫祭と共に(その象徴がカボチャ)、この日が一年の終わりという暦を使用していたケルト人の風習が、キリスト教に組み込まれて今のようなお祭りに変わってきたらしい。この日には、死者の霊が家族の元を訪ねたり、魔女が現れると言われ、そいつらから身を守るために仮面で変装するらしい。
◆何やら日本のお盆のように一年に一回、霊が家族の元に帰って来るのだそうだ。お盆といえば昔は厳かな雰囲気だったのだろうが、今では連休の楽しみとなってしまっている。現在のハロウィンも、カボチャのランプを作ったり、子供らがお菓子をねだり歩いたり。一年に一度の楽しいお祭りなのでしょうか?
◆↑一応調べたのですが、実のところ未だ良く分かっていません。

◆ジャックの愛犬として幽霊のゼロが登場します。コープスではペットの犬が骨の姿で現れるし、フランケンウィニーは犬を蘇らせる話だし、バートン監督は犬が大好きなのだそうだ。
◆密かにジャックに想いを寄せているサリーは、ご多分にもれず手や足が取れるブキミ系なのだが、そこは人形の設定なので大目に見よう。観ているうちに彼女が、けなげでとても可愛く見えてくるのが不思議。
◆途中で彼女が感じる不吉な予感は、何の力が働いたのでしょうか?
◆ハロウィンの連中が作るクリスマスプレゼントのセンスが笑える。大蛇やら、人を襲う人形やら、生首やら、およそ子供に贈るものではありません。
◆サンディクローズ(サンタ)の扱いには不満です。若い頃観た時は子供のアイドル、サンタさんをあのようにするのが小気味いいと感じましたが、今見るとダメですね。無抵抗な弱いオヤジを虐めている様にしか見えません。
◆よく考えた、という世界観ですが、分かりにくい箇所もありました。その一つが、森の中の他の世界へ通じる扉。あの悪ガキたちがサンタを捕えに行けたのなら、割とお手軽に各世界を行き来できるのか?なぜ、他の人はそれを知らないのか?
◆ハロウィンタウンは文字通りハロウィンの事だけ考えているなら、他のクリスマスタウンや、イースタータウン?(実際には出てこないが卵模様の扉があるので)はその事だけを考える世界なのでしょうか?
◆クリスマスタウンが現実社会のように扱われていますが、ここはただのハロウィンがない社会なんですよね?それとも、現実社会にジャックがやってきたのでしょうか?
◆そもそもの発端であるジャックが、なぜハロウィンに飽きてしまったのかよく分かりません。ただ気分が凹んだだけならここまで大事件にしますか。

◆公開当時、話題にこそなったけど、それほどヒットした覚えが無いのは、日本にハロウィンが馴染みが薄いのと、一般人には気味悪がられたのかも知れません。
◆この作品が徐々に一般に受け入れられてきたのは、そのキャラクターグッズが出回るようになってからでしょうか。記憶が定かではありませんが、SEGAがUFOキャッチャー等のプライズ商品として登場させたのが公開から6、7年後。正直言って何で今頃?と思ったものです。ゲーセンってカラフルなグッズが多い中、モノトーンのフィギアやキーホルダーは異色を放っていました。よく雰囲気をつかんだ製品でしたが。もしかしてこの頃のグッズってプレミアが付いているのかな?
◆初めの印象の悪さからか、タッチストーン配給とはいえ、ディズニーから見向きもされなかった感のある本作ですが、最近の持ち上げようはいかがしたものか?
金になりそうだと見るや、手のひら返したようにTDLでイベントを行い、キャラグッズを売り上げるディズニーの商魂たくましさ(笑
もっとも本作を観た事がないのに、グッズを「キモかわ〜」(気持ち悪いけどなんか可愛いの略だそう)と言って買っていく人達がいても反対はしませんよ。
| 洋画−ナ行 | 07:00 | comments(5) | trackbacks(3) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | - | ↑TOP
 
はじめまして。
私もコープスを観てなんとなく「ナイトメア〜」を見たくなりました。
この世界感は私も好きです。

本編を知らなくてもグッズが売れるわけはわかるような気がします。
| たいむ | 2005/11/18 9:42 PM |
コメント&トラバありがとうございます。

この独特な世界観は、好き嫌いに関わらず注目されるものなのでしょうね。
だからグッズも売れるんだと思います。
そういえば私もプーさんのぬいぐるみとか家にありますが、観たことのないですからね。
| ぽたます@管理人 | 2005/11/21 2:35 AM |
のまねこ問題???
なんでのまねこ???
ノマネコ マイアヒ
http://noma-neko.com/
覚え方は
『のまねこどっとこむ』
ブラックメールだよ。
相手が回答してきた時にはテンションぶちアゲだyo
| vinaka | 2005/12/13 1:01 AM |
12月は師も走るだけあって、本当に忙しいですよね(~_~;)
年数を経てもみんなに愛される名作って、夜空に輝く星のようにたくさんあるのでしょうね〜。
本作もそんな名作のうちの1本(^^♪
| honu | 2005/12/17 1:10 PM |
のまねこ問題???
なんでのまねこ???
ノマネコ マイアヒ
http://noma-neko.com/
覚え方は
『のまねこどっとこむ』
ブラックメールだよ。
相手が回答してきた時にはテンションぶちアゲだyo
| vinaka | 2005/12/20 3:32 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://genjitu-touhi.jugem.jp/trackback/32
トラックバック
読者になります♪
よかったら見てください☆
| 元気☆ | 2005/11/16 7:03 AM |
「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(ビデオ)みた。
いま上映中の 「コープス・ブライド」(記事はこちら) は私にはとても良かったと思
| たいむのひとりごと | 2005/11/18 9:36 PM |
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』原題:The Nightmare Before Christmas製作:1993年アメリカ監督:ヘンリー・セリック声の出演:クリス・サランドン/ダニー・エルフマン/キャサリン・オハラ/ウィリアム・ヒッキー 恐怖と怪奇に彩られた異世界で愛や優
| honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 | 2005/12/09 6:51 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!