ランド・オブ・オズ1
<< 北の零年 | main | 忍 −SINOBI− >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
死霊のえじき(VIDEO観賞)
死霊のえじき 完全版

『ランド・オブ・ザ・デッド』を観賞後、すっかり内容の忘れていた本作『死霊のえじき』をレンタルしました。

本作が公開された時期はスプラッタ(血しぶき)ブームで、私も血気盛んな頃でしたので、刺激を求めて観た本作が期待通りでなく落胆したのを憶えています。
そうか、この作品はもう20年前なのか(しみじみ)

さて改めて見直すと、これが意外と楽しめました。「ランド〜」もそうですが刺激を求める向きには物足りないでしょう。しかし映画はまずストーリーありき、という私には合ってます。若い頃はこれが分らなかったんだなあ。例えるなら、裏ビデオとロマンポルノの違い?全裸とチラリズムの違い、みたいな(何だ?この例え)

白いブロック塀から無数の手が飛び出すOPは非常にインパクトあり。ドッキリ処は幾つかあるが、話の中軸は博士がゾンビを調教するところにある。この設定からしてもう怖がらせるだけのホラーから外れている。悪魔払いや霊媒師のように退けるのではない、飼い慣らして共存しようというのだから、発想の転換に驚く。
脳にはR複合体という中枢部分があり、これを取り除けば従順になるというのだ。
このゾンビに『バブ』という名前を付け、過去の記憶を蘇らせながら、ご褒美をやる事で徐徐に手なずけていく。最初は髭剃り、読書(本をめくるだけだが)、ヘッドフォンで第九を聞かせ、カセットの再生停止も覚える。そして元兵隊だったらしく敬礼をし、銃を持たせると撃ってくる。

まるでゾンビに学習能力があり進化しているようだが、厳密には過去の記憶を蘇らせるのである。しかし脳が腐りかけているゾンビが記憶を蘇らせるのは大変困難でしょう。

そういえば本作では、ゾンビ(バブ)は博士に教えられてモノを覚えていくのだが、最新作『ランド〜』においては黒人ゾンビ自身が状況に応じて考えひらめく。自らの力で発想するのは、やはり進化しているという事か?

このシリーズは必ず黒人がキーパーソンだった。本作では黒人のヘリ操縦士ジョンだ。始めは主人公のサラとぶつかり合うのだが、彼らの住み家のトレーラーハウスで親睦を深め、クライマックスの地下通路では身を呈して助けに来てくれる。
新作「ランド〜」ではゾンビのリーダーが黒人である。所々ゾンビ側からの描写をする箇所もある。という事は、ロメロ監督が描きたい対象は、この作品から人間側からゾンビ側に移っていったのかも知れない。


思い出すと、序盤で博士は気になる事を言ってました。
「この固体ども(ゾンビ)の生存は数年、しかし再生処置(R複合体を取り除く)により10年生きられる。」
そうか、ゾンビたちはすでに死んでいるからその命は永遠かと思っていたが、この言葉を信ずれば「ランド〜」からあと3,4年でゾンビは死滅する事になる。辛抱強く待っていれば再び人類の天下に戻るかも!! ただ、進化したゾンビたちがその寿命までも克服していくのではないなら・・・。


現実逃避度  ★★★★★
恐怖度     ★★★☆☆
人間の醜さ度 ★★★★☆

≪総合評価≫ ★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)


以下【作品詳細】&【ネタバレ感想】
【作品詳細】

「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生」(68)、「ゾンビ」(78)に続く“リビング・デッド”シリーズ。地球全土がゾンビで完全に埋め尽くされた近未来、巨大な地下基地では生き延びた軍部と科学者の対立が続いている。そんな中、博士はゾンビを調教する事に成功した・・・。

製作年度 1985年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 102分
監督 ジョージ・A・ロメロ
製作総指揮 サラ・M・ハッサネン
原作 −
脚本 ジョージ・A・ロメロ
音楽 ジョン・ハリソン
出演もしくは声の出演 ロリ・カーディル 、テリー・アレクサンダー 、ジョセフ・ピラトー 、リチャード・リバティー 、アントン・ディレオ


【ネタバレ感想】
◆スペインヤローのミゲルは、なぜゾンビたちを基地へ招き入れたのか?
 行動理由がさっぱり分からない。薬でラリっていたのか、精神に異常をきたし たのか。手荒に扱われたから軍人が憎いだろうが、サラや他の仲間まで巻き添 えにする必要はない。
 最初からビョーキっぽかったが、サラもなんでこんな奴が好きなのか?

◆指揮官のローズは、いかにもわがまま勝手なオレ様タイプです。が非道なまで の自分勝手さが見てて面白い。始終それを貫くから、最後慌てふためき結局ゾ ンビのえじきになる場面はスッと胸がすく思い。

◆その他の兵隊はいかにもシーモネーターな下品極まりない連中です。高慢な指 揮官と下劣な部下。分りやすいなあ。

◆意味ありがちに説明した「R複合体」はその後登場しなかったが、それっぽく 解説する博士のおかげで科学的に裏打ちされた設定なのかと勘違いしてしまっ た(そんな奴はいないw?)

◆基地が広くて閉塞感はあまりない。地下が何処まで広がっているのか、どこま でゾンビが迫っているのかが把握できない。ショッピングモールのように、建 物が想像できればよかったのだが。


◆真の主役はゾンビのバブだったかも知れない。昔、観た時は敬礼するゾンビに 嫌悪感さえ抱いたが、今観てみると印象的でなかなか良いじゃん。進化するゾ ンビが容認できれば楽しい作品になります。
 そういえば昔、このバブが輪島功一に似てるとか言ってたな。

◆このシリーズでは犬やネコは出てこないなあ。動物はゾンビになるんだろう  か。「バタリアン」は標本の犬がゾンビに。リメイク版「ドーン〜」では犬は 標的にならなかった。「バイオ」の映画は未見だがゲームでは犬はゾンビ化し てたなぁ。

◆それから連想するとゾンビも噛む相手を選ぶのだろうか?自分だったら動物は 噛まないなあ。出来れば女子校生とかカミカミしたいな。セクスィーなOLと かも最近好みだし・・・って、あぁこんなところで性癖ばくろ?
| 洋画−サ行 | 04:24 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 04:24 | - | - | ↑TOP
 
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://genjitu-touhi.jugem.jp/trackback/21
トラックバック
まだまだコレからです!!
総合エンターテイメントBrog!メジャーなネタからアンダーグラウンドまで幅広く楽しいネタを提供していきたいなって思ってます!是非寄っていって下さい!!http://blog.goo.ne.jp/natue_v-_-v_
| ☆エンコレ☆ | 2005/09/20 2:50 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!