ランド・オブ・オズ1
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
下妻物語 (DVD観賞)
下妻物語 スタンダード・エディション
あたいのマシンが火を噴くぜ!
のどかな田園風景が広がる、その名も下妻を舞台に、ゴスロリ深キョンと、ヤンキーアンナが大活躍!?

 
結構面白いという評判を聞きつつも、この少女趣味とケバイパッケージ、
あと 『下』『妻』 という、いかにも下ネタなタイトルに抵抗感があり、今まで観る機会がなかった本作です。

さて、感想ですが・・・おお、これは何だかハチャメチャだが惹きつけられるお話でした。
はまり役の深キョンと土屋アンナ。この2人じゃなかったら成立しなかったと思わせるぐらい見事になりきっています。
カラフルな画面と、ぽんぽんと小気味よく飛び出してくる小ネタが楽しい。たびたび挿入される空想や解説やらが、その小ネタを非常にテンポ良く繰り出します。中世おフランスだったり、ジャスコ依存症?の住民の姿だったり、ジャージ天国の尼崎だったり。
また見せ方も工夫していて、テレビ画面から回想へ飛んだり、良い子のみんなのためにアニメで見せたり、サービス精神たっぷりで飽きさせません。

中島監督はCMディレクター出身だそうで、なるほど画面作りにはこだわりがありそうだし、短時間でメッセージを伝える事に長けているようです。

ロリータファッションと特攻服。コアでマニアックなファッションを愛する少女と、ジャスコの既製品を疑いもなく着こなす住民達。友達をつくる事を嫌うモモコと、人とつるむのが好きなイチゴ。この相反するものを並べたミスマッチさ加減が、この作品のポイントだし笑いどころだと思われます。

人との関わりを極端に避けている(他人に興味が無い)モモコに興味を持ち絡んでくるイチゴ。普通では接点が無さそうな主人公2人のミスマッチな友情が、どんどん深くなっていく。モモコがイチゴに心を開いてゆく過程が泣かせます。そして独りで生きると宣言していたモモコはあるプレッシャーに負けてイチゴに電話をするのです・・・。
「イチゴ・・・、会いたいよ〜・・・。」
「行くぜ、どこにだって行ってやるぜ!」

外せない用事があるはずなのに、約束を破ればケジメをつけなきゃと分かっているのに、モモコのために駆けつけるイチゴ。ダチのために形振り構わず身を投げ出す覚悟。そんながむしゃらな熱血ささえ感じさせます。
そしてそんな友情に観ているこちらの心も温かくなってきました。

どうも最初の印象と違います。ふざけた少女趣味のドタバタコメディかと思いきや、昔の青春ドラマのような匂いのする作品なのです。
お互いに不器用だけど一所懸命。友情や初恋、失恋や悩みなど、等身大のドラマによって、ただ楽しいだけのエンターテイメントとは一味違うものになっています。見た後には爽快感でいっぱいになれますし友情って何ていい物なんだろうと心に染みてきました。

改めて、私にはそこまでしてあげられる、またはしてくれる友はいるだろうか?と考えてしまいます。もし自分がヤンキーに囲まれたら・・・皆、一目散に逃げていきそうだなァ。

現実逃避度   ★★★★☆
ファンタジー度 ★★★★★
楽しければ良いロココ精神 ★★★★★
≪総合評価≫ ★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)

↓以下【作品詳細】&【ネタばれ感想】
続きを読む >>
| 邦画−さ行 | 02:29 | comments(5) | trackbacks(8) | ↑TOP
サイレン −FORBIDDEN SIREN−


ブオオオオオオ〜〜〜〜!!!!!
サイレンが鳴る時って・・・ドキドキする。
サイレンが鳴る時・・・それは不幸が起こる予兆、どこかで起こっている通告…。
過去の戦争の体験は無いが、サイレンを聞くと空襲警報を思い浮かべる。サイレンが鳴る=(イコール)人々が死ぬという連想は難くない。

私の実家は田舎町で、火事が発生すると広報スピーカーでけたたましくサイレンが鳴る。野次馬に行くときもあるがいい気分はしない。そこには少なからず不幸があるからだ。

この「サイレン」という映画。PS2のゲームを題材にしているらしい。
以前は割とゲームは好きだったのだが、プレイする暇がなくここ数年は遠ざかっていた。この手のゲームはバイオハザード辺りまでしか分からない。
その同名ゲームを題材に「ケイゾク」「トリック」の堤幸彦が監督した。
これまでの堤監督作品の雰囲気は割と好きなので、彼がどんな手法でこの作品を創り上げるか多少期待して観た。



導入部はかなり引き込まれる。怖いというより不気味さ満点だ。じっとたたずむ生気の無い島民達がただならぬ雰囲気を感じさせる。
異文化が混ざり合った不思議な町の空間だったり、山にポツンと佇む不気味な鉄塔だったり、土着信仰のご神体がムンクの叫びだったり、これはゲームの設定なのか、堤監督特有の独特の世界観なのか知らぬが、とにかく前半は何が起こるか分からないドキドキ感がある。
話は進み中盤は、いったい今どうなっているのか?話がどこへ進んでいくのか、まるきり見えない怖さがそこにはある。とはいってもドキッとする場面は正直少ない。その代わりに終始ぐももも〜んという低音が流れ、それが不気味さをイヤが上にも高める。

・・・ところがだ。後半になるにつれ、ど〜も物語は破綻していくのだ。途中でばら撒いた謎(人物やキーワード)が結局ほとんど解決できていないまま、最後には無理やりつじつま合わせをするのだが、いかんせん安易な発想でえ?今までは何だったの?と閉口する。
あのラストで「ふむふむ、なるほど」なんて納得する人がいたら、お目にかかりたい。

主演の市川由衣の演技は悪くなかった。彼女のデビュー時から注目していたと言う事でちょっとひいき目なのだが…。森本レオ、ココリコの田中は、わざと狙ってキャスティングしたのだろうか?しかし彼らの役はイメージに合っていなかったような。阿部寛はサービス程度の出演だし・・・。

堤監督はシリアスな中にも笑いをはめ込むのが得意な人だと思うのだが、ホラーと言う事でそれが上手く表現できなかったのは残念だ。PSのゲームの大掛かりなプロモーションという感じだった。


現実逃避度    ★★★★☆
独特世界観度  ★★★★★
スッキリ度    ★★☆☆☆
≪総合評価≫  ★★★★★☆☆☆☆☆(10点中5点)

↓以下【作品詳細】&【ネタばれツッコミ】
続きを読む >>
| 邦画−さ行 | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
THE有頂天ホテル
豪華キャスト勢揃いの三谷幸喜の最新作。大みそかのカウントダウンパーティを前に繰り広げられるドタバタコメディ。
これは楽しませてもらいました。レイトショーだったため観客が少なかったのですが、それでも場内は笑いの渦でした。やはりこういうのは大勢でゲラゲラ笑うのが一番です。

ただ、一作目、二作目が一つ事を掘り下げて行った内容に対し、今作は様々なエピソードが交錯し、少々まとまりがなかったかと思います。とはいえ複線の張り方など一級品ですが。

(ただいま執筆中。しばしお待ちを・・・。)

現実逃避度  ★★★☆☆
爆笑度     ★★★★☆
人多過ぎ度  ★★★★★
【総合評価】★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)


| 邦画−さ行 | 03:32 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
蝉しぐれ
蝉しぐれ プレミアム・エディション
日曜日のレイトショーで見ました。当然、客は中高年が多いと思ったのですが、その回は意外と若いカップルやOLっぽいグループ、女子高生とその両親など若い世代が目立ちました。
時代劇が若い層にも受け入れられてきたのか、話の内容が純愛だからか、たまたまだったのか定かではありませんが、何にせよ色々な世代に受け入れられるのは喜ばしい事です。

あまり本を読む時間が無く原作は未読です。しかし、藤沢周平の中でも傑作との誉れ高い原作はぜひ読んでみたいですね。黒土監督もこの作品に格別の思い入れがあり、15年も前から映画化の構想を立てていたそうです。

そのこだわりは一年以上にわたる長期ロケにも表れ、その甲斐あって四季折々の素晴らしい風景が映し出されます。先日観た『SINOBI』も綺麗な作品でしたが、あのような派手さではなく、本当に自然の色合いを生かして四季の美しさや、日常の風景を切り出したと思います。
カメラアングル、また間の取り方が全体の雰囲気を良く作っています。控えめだが日本らしい映像美です。
音楽も情景に合っていてなかなか良い感じ。と思ったら、これも『SINOBI』と同じ岩代太郎でした。

さて肝心の内容ですが、一言で言うと『純愛』です。
『20年、人を想いつづけたことはありますか』20年間も互いに好きあっているのに、一言も口に出せない忍ぶ恋。しかし単純な恋愛物ではなく、家族や武家社会においての様々なエピソードが盛り込まれています。逆に盛り込みすぎてまとまりがありません。原作に思い入れが強すぎるから切り捨てる事が出来ないのか。風景に時間を割くより、人物描写や個々のエピソードに時間をかける方が肝心でしょう。

子供時代の文四郎とおふくは、どちらも名前さえ知らない俳優でしたが、なかなか頑張っていたのでは。最初の文四郎の登場は・・・あれ?何か・・・棒読み?と思ったのだが徐々に慣れてきて、あの坂道のシーンでは彼の強い目に引き込まれてしまった。
おふく役の子は、けなげな雰囲気が結構良かったと思います。女の子の子役には上手い子が多いですね。

大人になってからの市川染五郎と木村佳乃はさすがです。染五郎は荒さには欠けるが、やはり基本が出来ているので見てて安心だし、佳乃さんは動きが少ないのが残念ですが、あの表情の作り方は上手いと思います。


どうしても山田洋次作品と比べてしまいますが、映像美はこちら、内容の濃さと心理描写に関してはあちらに軍配が上りそうです。2時間に収める事は困難かも知れないが、無駄な場面を削ればより良い作品になったことでしょう。
しかし、現代の日本人が置いてきてしまったわびさび、謙虚さ、お互いを思いやる心など美しい日本人のあり方を思い出させてくれました。自らを省みる余裕が欲しいですね。

20年の忍ぶ恋か・・・私には出来ませんねぇ。私もわりと引きずる方ですが(笑)こんな長期間気持ちを保てません。初恋の人は今でも思い出せますけど、「ずっと想っています」なんて言ったら逆に引かれそうです。奥手にもほどがあります。
あなたは・・・20年人を想いつづけたことはありますか?


現実逃避度 ★★★★☆
感涙度   ★★★★☆
途中眠くなる度 ★★★★★
≪総合評価≫ ★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)

↓以下【作品詳細】&【ネタバレ感想】
続きを読む >>
| 邦画−さ行 | 07:47 | comments(0) | trackbacks(7) | ↑TOP
忍 −SINOBI−
SHINOBI
長きに渡り、戦う事を禁じられていた忍者の二大勢力、伊賀と甲賀。人里を離れ、伊賀は鍔隠れ(つばがくれ)、甲賀は卍谷(まんじだに)に隠れ住み、互いにいがみ合っていた。
それぞれの跡取りである朧(仲間由紀恵)と弦之介(オダギリジョー)は互いの立場も知らずに出会い、運命的な恋に落ちる・・・。


とても映像が美しい作品でした。絵葉書にしたいような日本ならではの四季の描写が素晴らしい。木々、草、水、山々の俯瞰に至るまで美しいカットを切り出しています。(CGかな?と思う部分もありますが)
音楽も壮大でこの映像にマッチしています。

ただ伊賀、甲賀の争いを背景に、朧と弦之介の主役2人の心情を描くには物足りない。原作は未読ですが、おそらくこんな簡単な描写ではないでしょう。
冒頭の川でのシーン。偶然にも2人は初めて出会うのだが
「この出会いが2人の運命を云々…」みたいなナレーションがあって、次のシーンにはもう親密な仲になっていてアレレ?かなり端折りすぎて戸惑ってしまいます。
2人がどんなふうに惹かれあったのかとか、どれだけ愛し合っているのかとか全然わからない。もう少し2人の関係を掘下げることが出来なかったのでしょうか?
繊細な心理描写が皆無で、その後運命に翻弄される2人に感情移入がしにくいのです。

しかしアクションシーンは迫力があって面白い。VFXとワイヤーアクションを駆使して忍者達が様々に繰り出す術を見事に表現しています。CGはハリウッドに比べればまだまだだし、ワイヤー使うと中国系のパクリっぽく見えるが、それでも邦画でこれだけのアクションが撮れる様になったか、と嬉しく感じます。

各忍者も個性的なだけに、もう少し活躍の場がほしかった。アクションに徹するなら人物像の掘下げや仲間同士の会話は不必要なのかも知れないが、中盤であっさり片付けすぎ。せっかく魅力的なキャラが揃っているのだから、彼らのエピソードが多少でも無いと死んでいく時ズキンと心に響かない。そして、それは主役の2人に関しても同じ事がいえるのです。
上映時間1時間40分は短すぎる。せめてあと20分長くしても文句は出ないでしょう。


時代劇の形を借りながら、現代の若い層にも受け入れられ易い、こういうのをネオジャパネスクというのでしょうか?ストーリーは複雑ではないので分り易いが、ただのアクション映画にするにはもったいない題材。多分、小説の複雑な部分は全て切り捨てて再構築したのでしょうが、やはりストーリーの希薄さが露見します。
しかしこの分り易い展開が功を奏したのか、早くもハリウッドでのリメイクが決定したそうです。あんたらハイエナか?と思うが、公開されれば見ちゃうんだろうな〜。
X-MENかファンタスティック4みたくなるのか〜?何か違うよなぁ忍者じゃなくなる。。。

現実逃避度     ★★★★☆
感動度       ★★☆☆☆
黒谷さんのおみ足度 ★★★★☆

≪総合評価≫★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)


↓以下【作品詳細】&【ツッコミ(ネタバレ含む)】
続きを読む >>
| 邦画−さ行 | 11:32 | comments(8) | trackbacks(18) | ↑TOP
世界の中心で、愛をさけぶ 
♪DVD観賞
世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション
原作は読んでいません。TVドラマは時々見ていました。
ドラマのラストは泣いてしまったのですが、映画の方はうーん、端折りすぎ?かなぁ。

アキが朔を好きになるのが唐突で、何故学園のアイドル的存在が冴えない朔を好きになるの?と思ってしまう。
途中のエピソードの積み重ねはまあよい。お墓も無人島も二人の距離を縮めるには充分だ。
重病のアキを連れ出してしまうのも願いを叶えてやりたい、という真っ直ぐな想いがそうさせたのだろう。
「助けてください!」朔はさけぶ。その叫びは、今倒れたアキを助けて、の呼びかけと同時に、迫り来る{アキの死}という現実から逃れたいという苦痛な叫びだ。ここがクライマックスだが、このシーンを予告であまりに見すぎてピンと来なかったのが残念だ。その後、アキが死んでしまった後の余韻…と言うのかな、泣き所が無く話が進行してしまうのももったいない。

恋人の律子ってそういう繋がりがあったのね。でも大人の朔はあの思い出をずっと封印して(普通に)生きてきて、律子もカセットを手にするまでスッカリ忘れているなんて何だかな〜。それじゃアキも浮かばれないよ( ̄〇 ̄;)

しかしこの若い二人はいい役者になるね。長澤まさみは取り立てて美人ではないし特徴の無い顔をしているが(かなり主観入ってます)あの舌足らずな喋りがなんともナチュラルでちょっとした表情にドキッとする。森山も眠たそうな顔だが存在感がある。大沢たかおも柴崎コウもいらないんじゃ?って感じ

≪評価≫★★★★★★★☆☆☆(7/10点中)


同時に借りてきた「朔太郎とアキの記憶の扉」
こっちの方が何か切ない…。原作にある台詞を森山未來&長澤まさみがナレ入れてるのだが、淡々と進むイメージビデオっぽい作りが割といい。本編に描かれてない朔とアキの関係も分かるし。これ一本では成り立たないと思うが、この世界を深くしるにはかなり役立つ。心に響いた。

下の評価はあくまで本編を見た上で
≪評価≫★★★★★★★★☆☆(8/10点中)
  かなりお安くなってます

【長澤まさみにときめいた方どうぞ】
| 邦画−さ行 | 03:08 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
戦国自衛隊1549
戦国自衛隊1549 通常版
戦国自衛隊1549 通常版

実験中に戦国時代へ飛ばされてしまった加賀丈史率いる精鋭部隊を、江口洋介、鈴木京香らの編成部隊が救出に向う。そして狂い始めた歴史を修正する。

今年('05)映画化続出の福井晴敏の原作。半村良の原作を引用しての作品だ。前作になかった現代人が介入する事で歴史の軸が狂うという概念を前面に押し出している。しかしこれをエンターテイメントとするには難しかったかもしれない。誰が信長役なのか秀吉役なのかと言う謎解き要素はあったが…。

江口ってこんなにヘタだったか?ドラマではそんなアラは見えないのだが今回はなぜか大根だった。京香は頬のあたりがやけにババくさくなってしまったな。好きな女優だが女ってホントすぐお肌に表れる。

予告篇ではカッコいいCGが流されていたが、ほとんど予告が全てという感じ。いい場面はとっておけよ!と言いたい。本編中は眠かった。約25年前の『戦国自衛隊』のほうが倍面白かった。

≪評価≫★★★★★★☆☆☆☆(6/10点中)



【旧作DVDこちらへどうぞ】
| 邦画−さ行 | 03:27 | comments(0) | trackbacks(4) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!