ランド・オブ・オズ1
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
キング・コング (2005年版)
キング・コング プレミアム・エディション
キング・コング プレミアム・エディション

以前劇場で見た予告では、 ピータージャクソン監督が激ヤセしているCG映像が流れ、これならキングコング本編もかなり精巧なCGが繰り広げられているだろうと世界中の期待はいやが上にも膨らんだ・・・。かどうかは知らないが、あの激ヤセぶりは並じゃありませんでした。ダイエット法をぜひ教えて欲しいものですが、もしかすると今頃リバウンドに苦しんでいるかも知れません。何事も急にやっては無理が生じるものです。

さて、この映画も監督が長年温めていた企画だそうです。9才の時に観たオリジナル版『キング・コング』が映画監督を志すきっかけになり、ずっと自分の手でリメイクしたいと思っていたそうです。
その数十年の思いが詰まったこの作品は、コングに対する愛情たっぷり。なるほどしかし、たっぷりすぎてもうお腹いっぱいと言いたくなるくらい。時間を掛け過ぎてもうまくいきません。

初作ははるか昔TVで観た記憶がありますが、ストップモーションで作られた作品としか覚えていません。30年ほど前のジェシカ・ラング主演の「キングコング」(1976)では、実物大のロボットを作ったという事で話題となりました。この時のコングさんはエロい大猿でした(あまり記憶がハッキリしないけど)
で、本作のコングさんはというとエロさはなく、強引で腕力は強いが口下手で純情な、恋に目覚めたジャイアンというイメージです。

序盤は、それぞれ人物の紹介から、彼らが出会ってスカルアイランドへ赴くまでが描かれます。
そして島に着いてからも原住民との戦いが続き、なかなかコングさんはお目見えしません。
・・・正直言って長いです。マジで長い!ここまで描かねばならなかったのかと思いますが。

しかし、中盤には満を持してコングさん登場!
いけにえのアンをさらって逃げていきます。サルも金髪が好きなのでしょうか?今までの島の娘とは違う容姿に一目ぼれしてしまったようです。

コングさんの顔の表情はとても豊かだし、その重量感がすごく伝わってきます。ブラキオサウルス(?)の大群の暴走は大迫力だし、ティラノサウルスとの乱闘シーンはすばらしいの一言。
クルクルめまぐるしく変わるカメラワークは圧巻でした。
ほとんどCGなんだろうけど、本物の生き物としか思えないぐらい完璧な出来。  さすが激やせCGを作っただけあります(笑)


コングさんはとても男らしくてかっこいい。どれだけかっこいいかと言うとわざわざ「さん」をつけるぐらいかっこいい。まるで高倉健が演じるような男らしさに満ちています。コング兄さんと言ってもいい。アンが危険に晒されるとどこからともなく現れ必死で守ってくれるのです。いくら暴力的でも、強い男に女は弱いものです。

ただアンを愛してるのは分かりますが、それ以外の人間には全く興味がありません。というか殺してもかまいません。実のところアンを手に入れたいという欲望だけで、アンが好意を抱いてくれるかどうかは関係なかったのかもしれません。とにかくそばに置いておきたいのです。
そんな不器用な愛でも、いや、だからこそ女心を刺激するのかもしれません。
真っ直ぐ自分を見ていてくれるから。ともかく、アンはコングさんに愛情に近い感情を持ちます。コングさんはわがままでも何でもいいのです。強ければ・・・。

ただ、ストーリー構成、時間配分については非常に不満です。とにかく余分なところが多すぎ。これなら少なくともあと30分は短縮できます。

肥満は一日にして成らず。長年の間に徐々に蓄積されていきます。コングさんに対する思い入れも長年蓄積されすぎたのでしょうか?
監督自身のダイエットは成功したかも知れませんが、作品の方はダイエットしそこなってしまいました・・・。


現実逃避度 ★★★★☆
純愛度   ★★★★☆
お尻痛くなる度 ★★★★★
≪総合評価≫ ★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)


↓以下【作品詳細】&【ネタばれ感想】
続きを読む >>
| 洋画−カ行 | 02:08 | comments(0) | trackbacks(7) | ↑TOP
コラテラル(DVD観賞)
コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション

ロサンゼルスで12年間、真面目にタクシー運転手をしているマックス(ジェイミー・フォックス)ある日、客の女性検事アニー(ジェイダ・ピンケット=スミス)とひと時ながら心の交流がある。が、その後乗り込んできたヴィンセント(トム・クルーズ)により、未体験の騒動に巻き込まれる。
トム・クルーズがこれまで演じてきたヒーロー像から一転し、初の本格的悪役、白髪に無精ひげの殺し屋を演じ新境地を開いた。

この物語は大げさなアクション物ではなくアクションの形を借りた心理ドラマと思って見た方がいいです。とにかく映像、音楽がスタイリッシュ。夜景が美しいのはNYのイメージですがLAも充分美しい。

トムが主役と思っていたが、実際はジェイミーの方が主役っぽい。12年間リムジン会社を立ち上げる事を夢みて、その資金稼ぎにタクシー運ちゃんをしている。冒頭のアニーとの会話は、マックスの人の良さが表れそのままラブストーリーになりそうないい雰囲気。しかし、ヴィンセントが乗ってから悪夢の一夜に。殺し屋の片棒を担ぐことになってしまった。

私の乏しい知識(偏見)でロスの黒人はギャングのような荒くれ者が多いと感じてたが、マックスは懸命に勉強し?(めがねかけてるし)喧嘩とは無縁の暮らしをしていただろう。人とのトラブルを無意識に避けるため客にはサービスをする。
「真面目な人」とは言い方を変えると「臆病者」
自らの意志で物事を変えていこうとしない何だか日本人のような性格(アメリカ人って自分本位のイメージじゃん、これも偏見?)人に流されるという意味では、客の言うままタクシーを流す運転手というのは巧妙な設定です。

それと対照に臨機応変に対応し進んでいくヴィンセント。JAZZの即興が好きという彼の過去に何があったのか、多くは語ってくれません。が、マックスの母に面会に行ったのは、実はマックスとその母の様子を見る事で、母の愛を疑似体験したかったのでは?車中で父親の件を冗談っぽく言うが、多分本当の事ではないのかと勝手に推測します。「親は自分の欠点を子の中に見出して、それをとがめる」の台詞も彼の寂しい過去の実体験らしい。
そうそう、ヴィンセントはなかなか名言を言います。
「しゃべらず直接行動に出る。それが男だ」
「宇宙には無数の星があり、人間なんてそれに付いたチリのようなものだ」
得に後半の台詞「いつか夢は叶うだろうと思っていてもある日気付く。夢は叶う事ないまま年老いていく。お前は本気でやろうとしていない・・・」はちょっとズキッと来た。自分の人生とリンクしてしまったから。

そして話は佳境に。検事のアニーはマックスが巻き込まれた騒動の裁判に弁護してくれるのかな、と思っていたら、あ〜こうなるのか、うん。裁判ドラマじゃないもんね。ここから俄然話はスピーディになり逃走劇が始まります。

ラスト、ヴィンセントは冒頭の地下鉄での出来事を口にします。彼もまた同じように気付かれないのでしょうか?
巻き込まれたおかげで勇気を持つ事が出来たマックスは多少は感謝するかな?じゃなきゃ多分アニーにTELすることなく、また変わらない日々が過ぎ去っていったでしょうから。

突っ込み所はいくつかありますが、会話の妙を楽しめる方は感じるものが多々あるでしょう。

現実逃避度    ★★★☆☆
人生いろいろ度 ★★★★☆
オトナじゃん度  ★★★★☆

≪総合評価≫  ★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)
続きを読む >>
| 洋画−カ行 | 03:27 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
キングダム・オブ・ヘブン
キングダム・オブ・ヘブン (2枚組 プレミアム)
『エイリアン』『ハンニバル』『グラディエーター』のリドリー・スコット監督最新作。主演は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのオーランド・ブルーム。共演はエヴァ・グリーン、エドワード・ノートン。。

かつて勇敢な騎士ゴッドフリー(リーアム・ニーソン)の息子と知った鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)は、十字軍に入隊、戦いに身を投じる。成長したバリアンは、やがてエルサレム王を助け、美しい王女シビラ(エヴァ・グリーン)と禁じられた恋に落ちるが……。

十字軍に歴史を多少かじっていないと理解不能な点があるでしょう。かく言う自分も途中寝てしまいました。
中東のイスラム問題がおぼろげにしか分かっていない大多数の日本人はツマラン映画というでしょうね。『アイラブ・オーリー!』などという宣伝に釣られた若い女性の感想はいかがなものですかね?
トロイ、キングアーサー、アレキサンダーと最近立て続けに歴史ものが公開されましたが何で流行っているんでしょう?ヨーロッパ方面は集客しやすいとか、やらしい計算でしょうか。
リアルに描かれた戦闘シーンはさすがの一言!ここだけは大スクリーンで見なきゃソン。まんまロードオブザリング。投石器を用いた昔の戦いってこうだったのかね。
これでもカットしたんだろうが途中の中だるみがなかったら見事なスペクタクル・アクションだったのにね。キリスト教とイスラム教、どちらがいいか悪いかという描き方でなかったのは好感。

DVDが出たらもう一度みてみよう。

評価★★★★★★☆☆☆☆(10点中6点)
| 洋画−カ行 | 14:52 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!