ランド・オブ・オズ1
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
男たちの大和/YAMATO
男たちの大和/YAMATO 限定版

  戦後60周年という事で、戦争関連の邦画が何本か公開されましたが、最後の一本はかなり骨太の作品となりました。佐藤純彌監督は戦争世代でしょう。 体験者がドンドン少なくなっている現在、こういう映画で戦争を伝えるのは大変意義のあることだと思います。

  時代と共に戦争に対する表現は変わってきました。2,30年前の大東亜(第二次大戦)ものは、少ない装備で米軍に戦いを挑んで散っていく日本兵の潔さや、戦争に巻き込まれた罪のない民間人の悲哀という内容。
しかし物心ついた私には、侵略戦争を仕掛けた側の日本が犠牲者のように扱われる描き方に非常に抵抗があったのを憶えています。

そして大東亜戦争を語る上で忘れてならないのが天皇陛下の存在。ですが本作では天皇の事には一言も触れません。いや、昨年公開された軍事物で天皇云々という表現は皆無でした。昭和天皇崩御後18年。これは昭和の影が薄れてきて『天皇=戦争』のイメージじゃ無くなったのか、はたまた国側の圧力か?
以前の戦争映画に不可欠だった「お国のために」「天皇陛下万歳」等のフレーズは、本作では地中深く、いや海中深く沈めてあります。

変わって発せられた言葉は、
「敗れてこの国は目覚める。君たちの犠牲はこの国が変わる礎となる。その先駆けとなるのは本望じゃないか」(確かこんなような)
多分これが本作のテーマなのでしょう。
長島一茂の『死ニ方用意』の台詞は名言と感じました。士官とはいえ国を侮辱するような台詞を言ってお咎めないのかは疑問ですが。
先の和製戦争映画に対する抵抗を一掃してくれました。できれば渡哲也とか、もっと重鎮の台詞として聞きたかったです(なんで一茂なのか?)

クライマックスの戦闘場面は非常にリアル。ここまで血しぶきが飛ぶかというほど残酷な映像ですが、それが逆に戦争の悲惨さを表し画面を通して痛みが充分に伝わってきます。

そして、その戦闘を経て生き残った者達。生きて帰ってきた事が恥となる、それを具体的に見せてくれた事が今までの戦争映画とは違うところです。戦争によって引き起こされる別れと悲しみ、苦しみ。それは観ている者の心に突き刺さります。

欠点はあります。説明過多の映像に、古い邦画スタイルの悪い記憶が甦り興ざめする事。登場人物それぞれにスポットを当てようとするあまり散漫な内容になっている事。誰が主人公なのかよく分からない事。大和のCGがしょぼい事。

とはいえ、大和魂を揺さぶられる、日本人を誇りに思えるなかなかの傑作でした。
大きい戦艦が負けるはずない。そう思い込んで計画遂行した大日本帝国上層部。その浮沈艦を特攻に使用しなければならなかった末期の日本軍の狂気。それに実直に従う兵士達。あまりにも稚拙でおろかな時代の一片がここには描かれています。


現実逃避度 ★★★☆☆
血しぶき度 ★★★★★
天皇陛下万歳度 ☆☆☆☆☆
【総合評価】 ★★★★★★★★☆☆(10点中8点)

↓以下【作品詳細】&【ネタばれ感想】

続きを読む >>
| 邦画−あ行 | 02:42 | comments(0) | trackbacks(8) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!