ランド・オブ・オズ1
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
単騎、千里を走る。

中国の巨匠チャン・イーモウ監督と、監督が尊敬し長年共に映画を撮りたいと願っていた高倉健との夢のコラボレーション。
「HERO」「LOVERS」と派手でハリウッド的な作品が続いた監督でしたが、本作は以前のスタイルに戻りシンプルながらも観客の心に訴える作品となりました。

監督の想い入れもさることながら、高倉健の演技がまさにいぶし銀。すでに70歳超えているそうですが、単身で中国の撮影隊に加わったという健さんは身体的な衰えも感じさせず頑張っている姿が感銘を与えます。

健さんは中国でも有名らしいです。ですが、彼が中国語に詳しいとは思えないので、おそらく身振り手振りで伝えたのでしょうが、村人との交流の成果か彼を取り巻く人々の優しさが作品全体ににじみ出ています。

中国での出演者はプロの俳優ではなくて素人さんだそう。これには驚きました。李加民は舞台をやっているといっても仮面劇です。それがあれほどの熱演が出来るのか。子役のヤンヤンこそまさに裸一貫、体当たり演技です。・・・・日本の子役ではあのう〇ちシーンは絶対無理でしょう。まず親がやらせません。
さすがチャン監督。いい人材を揃えたなあ。というか、さすが人口10億超の中国、恐るべし。

作品はドキュメンタリータッチで進行。高倉健演じる高田が息子の志半ばの仕事を完成させる為に、しばらく絶縁状態だった息子の半生を知るために単身中国へ渡り、様々な困難を乗り越えていきます。

ハッキリ言って台本はかなり大雑把だし強引な展開です。おそらくは海外など行った事がないであろう高田さんがいきなり中国行きを決めるのも、病床の息子を放って置いて、中国へ行けば息子との空白の年月が埋まると思い込む自己満足さもムリがあります。
息子との確執の理由がよく分からないし、中国へ渡ってからの彼の行動も強引。高田と息子の確執を掘り下げて説明してくれれば、より深みが出たしストーリーが呑み込めたはず。声だけの出演となってしまった息子役の中井貴一を出させてやってほしかった。

高田が中国をうろうろしている間に日本ではあんな事になっちゃうし。
それでも、物語は自分に決着をつけた高田と、高田によって動かされた人々が、優しく温かい雰囲気で終結していくのです。

人は誰でも親から生まれ、人の親になっていく。いくらケンカしようが離れられない親子の縁。皆さんも意地を張らずに親子の絆を大切にしましょうね。


現実逃避度       ★★★☆☆
ハートウォーム度   ★★★★☆
妙に巧い女性通訳度  ★★★★★
≪総合評価≫ ★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)


↓以下【作品詳細】&【ネタばれ感想】
続きを読む >>
| アジア・韓国映画−タ行 | 05:27 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!