ランド・オブ・オズ1
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
ランド・オブ・ザ・デッド
ランド・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット

ジョージ・A・ロメロが68年に発表した『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生』屍が生き返るというエポックメイキングなこの作品に世界各国のクリエイター達は大いに刺激され、ホラー映画の一ジャンルとして確立、様々な亜流を生み出した。
さて、その後『ゾンビ』(78)『死霊のえじき』(85)とシリーズを発表したロメロ監督が20年の時を経て満を持して発表した本作。いよいよ本家復活という訳ですが『死霊のえじき』が期待はずれだった経緯もあり(あまり内容覚えてないのだが)気分を静めて拝見しました。
物語に直接的な繋がりはないので、前作を見ていなくても大丈夫です。ただ、前作でゾンビの知能について研究していたと覚えておけばよろしい。


まずしょっぱなユニバーサルのOPロゴ。昔の飛行機バージョンの登場についオォと感嘆。いやが上にも膨らむ期待。
が、進んでいくうちに何か様子が違うぞ?確かにホラー要素は散りばめられているがこれはアクション映画的要素が濃い。今までのイメージでみると少し違うかな。

それでも安心?できるのは本家ゾンビはむやみやたらと走ったりしません。落ち着いております。やはりゾンビはヨタヨタ彷徨うのがスジってもんですよね。いつまでも開かない扉をガリガリ引っかいているおバカさんっぽいのがいいんだよね。うんうん・・・
と思っていると、ガソリンスタンドの黒人ゾンビ。生きていた時の記憶でガソリンのホースを持って動く。彼がゾンビ側の中心人物なわけだが、この人が感情をあらわにし徐々に思考し始める。ゾンビにあるまじき行動。何それ、ゾンビの風上にも置けない!私の中の理想のゾンビ像が崩れていく・・・。

いや、そういえば前作の研究対象のゾンビは(ボブでしたっけ?)という小児程度の知能があった。知恵のあるゾンビ・・・何か違和感があるのだが、でもしばらくすると愛着も湧いてくる(笑)

と言うように、今回はゾンビに思考と感情を持たせた事であまり怖くない。もちろんドキッとするシーンは幾つかあるのだが、この映画の登場人物がゾンビを野犬ぐらいにしか思っていないような態度がさらに恐怖を半減させる。
本作は『ナイト〜』から3年が経った後の話らしく、人類もゾンビの扱いに慣れてきたというところか?
設定は、ゾンビが侵入出来ないようフェンスで街を取り囲み、その中心のタワーに住む優雅な上流階級とタワーの周りのスラムで暮らす下層階級、フェンスの外にはゾンビの群れという構図。この街の住人がゾンビを怖がるどころか捕えた奴等をゲームの道具として遊んでしまうのだから人間ってたくましい。

あと、恐怖の半減といえば、ホラーに定番の『溜め』がない事でしょうか?
いつ、何処から襲われるか、そろそろ来そうだ、いや来ない、ほっと一息?と思ったらキター!!みたいな溜めが少なく全体に銃をぶっ放しながらガンガン進んでいきます。
もう一つ残念なのは、追い詰められた時の心の葛藤がない。仲間がゾンビに噛まれてしまった時、今のうちに殺さなきゃこちらがやられる、しかしそう簡単に仲間を殺せない、という悩みが無く、噛まれたら相手が人間の内に即、頭を打つ!ドライすぎる。さっきまで仲間だったのに。

その点思考能力を持ったゾンビは仲間が殺されると悲しみの雄たけびを上げます。だんだんゾンビのほうに感情移入してしまうのが不思議です・・・。


このシリーズを進化論っぽい観点でみると、恐竜が死滅し哺乳類が大繁殖したように、今まで地球を席巻してきた人類は死滅していき、新しい地球の主人はゾンビに取って代わられようとしている。そして知能を持ち始めたゾンビは独自の文明を築いていく・・・のかも。人類が死滅するとゾンビの餌が無くなるのでぞんびも死滅するのか?いや、彼らはもう死んでるからなぁ。

ナイト、ドゥーン、ディ、そしてランドと徐徐に拡大してきたが、もし次回作があるなら『アース・オブ〜』とか『プラネット・オブ〜』とかになるのかしら?

全体にはテンポ良く退屈せず、なかなか楽しめました。90分が短く感じました。ロメロ健在ってとこか。しかしいつまでも低予算路線でいくなあ。そこがB級の帝王たる所以?

現実逃避度  ★★★★★
グロさ度   ★★★★☆
チョロって(笑)・・・度  ★★★★☆

≪総合評価≫★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)


↓以下【作品詳細】&【ネタバレ】
続きを読む >>
| 洋画−ラ行 | 01:43 | comments(7) | trackbacks(13) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!