ランド・オブ・オズ1
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
ユナイテッド93

衝撃的だったアメリカ同時多発テロから5年が経った。
あの時テロリストにハイジャックされた4機の内、おそらくテロリストの目標には届かず不時着した『ユナイテッド航空93型機』に何が起こったのか?
これはドキュメントタッチで描くあの時の再現フィルムだ。

ユナイテッド93の乗客、乗員は全員死亡。
しかしパイロットと管制官とのやり取り、軍の動向、乗客が機内から家族に掛けた電話などからこの証言が浮かび上がってきたのであろう。
それを丁寧に紡いで作品に仕上げた監督には敬意を表する。
そしてこの作品に登場する人物のほとんどが、役者ではなく実際に当時、現場に立ち会っていた当人というから驚く。彼らは、あの時何が起こったのかを伝えねばという義務感でこの作品に出演したのだろうか。
情報が入り乱れた管制局の慌ただしさ、混乱に陥る機内、航空局と空軍のいさかい、徐々に明らかになってくる事件の全貌。
只ならぬ緊張感が作品全体に流れ、本当にその場にいるような錯覚を起こす。

もしこれが真実ならば、本当に悲しい出来事だ。こうして伝える人たちがいるからこそ、我々は語り継いでいかねばならない。


だが、マイケル・ムーアの『華氏911』などを見るとアメリカはただの被害者じゃないなと感じるのだが、事実は闇の中だ。どれが正しいのかは不明。
この作品で事実関係を確かめた先はアメリカ人ばかりだろうから、多少、被害者意識が出ているかもしれない。
実際、日本でこのユナイテッド93の墜落現場映像って、ほとんど流れていない気がする。だから本当はどこに落ちたのか?本当に落ちたのか?落ちた理由は何なのか?真実はどこにあるのか疑問に思うところもある。

確かに罪の無い民間人を巻き込んだあのテロ事件は許されるべきものではないが、アメリカ軍もアフガンやイラクを攻撃した際、多くの民間人を犠牲にした。
現代は、よりメディアが発達している方が有利だ。全世界にその映像を流し、世界の同情を買う事が出来るからだ。情報操作もありうる。

と考えると、この作品は果して事実のみを伝えるドキュメンタリーに徹しただろうか?
クライマックスの乗客の行動。それまでドキュメンタリーで進めてきたのに、
ここからいきなりドラマチックな展開になってくるのは、こうあってほしいというアメリカの理想を描いたようにみえて仕方ない。

好感が持てるのは、テロリストの若者達もキチンと一人の人間として描いている事だ。
何が正義で何が悪なのか。若者達はそれが正しいと思い実行した。彼らにとってはそれは自国を守る正義だったのだ。
そして、乗客たちは助かりたいがためにテロリスト達を殺した。それは決して正義のヒーローではなく、若者達と同じく身を守るための手段だったのだ。
テロリストの若者とそれに反抗する乗客。これをどちらに肩入れするでもなく(むしろそれを避けるが如く)描かれている。

この秋、もう一本9・11に関する作品が公開される。こちらは予告を見る限り大変ドラマチックは展開になりそうだ。観る前から言うのもなんだがアメリカ万歳になりそうな気がするな。『ユナイテッド93』のドキュメントタッチの方が事件を客観的に見るのに適している。

この作品では命の大切さなど一言も謳ってはいない。
しかし、命の重さがひしひしと伝わってくる傑作だった。


現実逃避度  ★★☆☆☆
せつなさ   ★★★★★
カメラぶれ度 ★★★★★
≪総合評価≫ ★★★★★★★★★☆(10点中9点)


↓以下【作品詳細】&【ぼやき】

続きを読む >>
| 洋画−ヤ行 | 11:52 | comments(2) | trackbacks(1) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!