ランド・オブ・オズ1
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
ミュンヘン −DVD観賞−
ミュンヘン スペシャル・エディション

【DVD観賞】
原題の「MUNICH」(ミュニック)とは、ドイツ語「Munchen」(ミュンヘン)の英語読みらしいです。(ドイツ語ではuのうえに点々があります)
約3時間の長編という事で映画館では敬遠してしまったのですが、先日レンタルしてきました。
・・・感想は「見て良かった!」です。観る価値のある作品です。3時間ひき付けられました。
リアルな映像。目を背けたくなる情景。切なくなる心。国家を思い活動するも国家に裏切られる・・・ちっぽけな個人。

1972年、ミュンヘンオリンピックで実際に起こったテロ事件。パレスチナのテロ組織によって、イスラエルのオリンピック選手11人が惨殺される事件が発生。
イスラエル政府は直ちに秘密裏に5人の男を雇い、同じ11人のパレスチナ幹部を暗殺を依頼する。

アラブ(イスラエル・パレスチナ問題)を勉強していないと分かりにくいところもありますが、それを置いても観てほしい、考えて欲しい作品。

世の中勧善懲悪では図れない。
ある事件、ある諍い、ある戦争。その相手は憎むべき存在で殺したって構わない。そう思っていたのに、実際はその相手は町の人々に慕われ、愛すべき家族があり、見知らぬ隣人にも気軽に話しかける、そんな人間味あふれる人物。主人公らはそういう人間を相手に暗殺を続ける。
国家への忠誠心から冷徹に仕事をこなしていくアヴナーら主人公。しかし、暗殺者を追っていくものがある時点から追われる立場に逆転する。その恐怖。
長く離れ、成長したわが子の声を電話で聞いたとたん、堰を切ったように涙が溢れてくる場面。あれはどれだけ苦悩しているのかがよく分かる心に残る場面だった。

スピルバーグの映画ではよく人の死(殺戮場面)がリアルに描かれる。残酷だ、悪趣味だと批判する人も多いらしい(実際、趣味悪いしw)しかし、人が死ぬ時ってどんな風なのかを直視させる手法は観ている側を不快にさせ、人殺しは良くない事なのだと再確認する。
テロを起こし報復をし、またテロで反撃し・・・そうやって連鎖していく悪循環がいつまで続いていくのだろうか?
観終わったあと、どよーんと沈んだ気持ちになってしまった。それこそが監督の作戦だったのかなと思うが。
『ユナイテッド93』でもそうだったが、観終わった後にその作品、背景について考えさせられる映画を好むようになってきたのは歳のせいかな?(ガクッ)


現実逃避度  ★★★☆☆
せつなさ   ★★★★★
反戦度    ★★★★★
≪総合評価≫ ★★★★★★★★★☆(10点中9点)
続きを読む >>
| 洋画−マ行 | 14:16 | comments(2) | trackbacks(3) | ↑TOP
M:i:III −ミッション・インポッシブル3−


イーサン・ハントは、スパイの第一線から退き教官となっていた。婚約者のジュリアと幸せな日々を送っていたが、教え子リンジーを救出するため現場に復帰。それを機に再び危険な作戦に身を投じる事となる・・・。


大人気スパイアクションの第三弾。スパイものとしては面白かったが地味だった一作目、頭からっぽでただただアクションだった二作目。この第三作は反省?を踏まえ、前2作を足して2で割った感じです。予想したより面白く感じました。1,2との関連性はほとんど無いのでこれだけ観ても違和感は無いと思います。

冒頭、いきなりイーサンと彼女が捕らわれているので
「ん?これは何事?」って感じで始まって(後々どこの場面かと分かるのですが)
この導入は賛否あるでしょうが、私は好きです。

今回はあのイーサンが結婚するという設定。いいのか?スパイのくせに所帯なんか持っちゃって・・・と思ったら、引退してスパイ養成の教官になってたようで、
ま〜それならば無問題かと思いきや、あっさり現場復帰?
しかもその指令が、捕まった女性スパイの救出というから、
『何があろうと当局は一切関知しない』
はずじゃなかったのか?と失笑でした・・・。

最初のドイツ、バチカンでのチームプレイは面白かった。007などは単独行動でもいいが、M:気呂笋呂螢繊璽爐任垢茵O携がなければつまらない。
チームの紅一点、アジア系のゼーンのドレス姿もキレイでした。

何よりトム・クルーズのアクションは見どころです。もう40は越えているのに若い。特に上海では大げさなアクションを繰り広げ、スパイのくせに目立ちまくりです。
ただ残念なのは、肝心の潜入して 『ラビット・フット』 を奪う場面が丸ごとカットしてある事。
なに〜、ドイツの救出も、バチカンの潜入も描きながら、
ここカットかい〜!!
見せどころだろうが〜!!と、心の中でツッコミまくり。

もひとつ上海で残念なのは、雑なカメラワーク!どうなってんのか目が回る!!ベルリンや橋上でのアクションは非常に計算された撮影だったのに、いきなりブレるし、アップ多用だし。

監督は新鋭J.J.エイブラムズ。TVシリーズの「エイリアス」「LOST」を手がけた方だそうですが、残念ながら両作とも拝見していません。が、エミー賞を受賞したり結構話題だそうで。。。

悪役のデイヴィアンは、役者の技量のおかげできちっと悪役らしく見えるが、作品を観た限りでは、一体どんな悪事を働いている人なのかサッパリ分からない。
彼をもう少し掘り下げ、もっと強く憎らしい存在になるように描けていれば、最後まで緊迫感が保てたのに・・・。あの最期はもう少し考えて欲しかった・・・。


スパイとは非情なもの。非情であるべきもの。
愛する者、守る者が出来た時、それが必ず弱点となります。
本作でも愛する彼女がネックでありキーパーソンであり、彼女が捕まって事態は急展開って感じです。

素直にプライベートを晒したイーサン同様、この映画もだましだまされの要素はなく、素直に頭空っぽで観られました。

現実逃避度  ★★★★★
アクション度 ★★★★★
偽名使えよ度 ★★★★★
≪総合評価≫ ★★★★★★★★☆☆(10点中8点)

↓以下【作品詳細】&【ネタばれ感想】
続きを読む >>
| 洋画−マ行 | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!