ランド・オブ・オズ1
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
ナイロビの蜂

真面目な外交官の夫ジャスティンが、妻テッサの死を疑問を抱き、テッサの追っていた秘密を捜索する。そして本当の愛がそこにあったと確認した時、ジャスティンは妻の死んだ場所へと赴く。。。

巨大企業の陰謀をめぐるサスペンスと、愛を再確認するラヴストーリー。
「壮大なラヴストーリー」という謳い文句と、蜂というタイトルで、ハチミツのような甘〜い内容かと誤解しかけました。劇中、登場する企業がスリービー(三匹の蜂)という社名だからですか?これもハチミツ会社かと誤解しかけましたが。。。

いきなり妻の事故死場面から始まる導入部。ここから回想シーンへと入っていく構成は面白く、一気に引き込まれます。
序盤の出会いから結婚に至るまでの端折り方は酷かったですが、ここを丁寧に描かなかったのは、妻は本当に夫を愛していたのか?という疑問を観客にも投げたかったからかも知れません。夫は常に妻の行動に対して、嫉妬と不信感を持ち続けます。そして私も同様に彼女に不信感を持ってしまいました。

しかし、後半。テッサの手紙、または友人の証言から、彼女の死に疑問を持ち妻の行動のトレース開始。ついにそれは巨大な薬品会社がアフリカの民を使った陰謀という事が明らかになります。
その秘密と同時に、妻の愛情の深さという物も彼はやっと知り得ます。妻の変わり果てた遺体を確認しても涙の出なかった夫は、妻からの愛を知り、初めて涙したのでした・・・。

登場シーンが少ないのに重要人物という人が多く、迷いそうになるので気が抜けません。つまらない作品だと「どうでもいいや」と思ってしまいますが、この作品は必死で追っていきました。それだけ入り込ませる吸引力があります。
単に情けない夫に感情移入してしまった、という事もありますが・・・。

ラストは、え、これでいいの?と思いながら、そうか、彼はこういう道を選んだのか。と彼の性格からして妙に納得してしまいました。テッサの愛の大きさは明らかになりましたが、それよりもジャスティンはもっと深いところへ行っているのでしょう。
彼女こそがわが人生。彼女のいない生活なんて・・・。私が誰かをこれほどまでに愛した事があっただろうか。自分の今までを省みてしまいました。プライベートなのであまり突っ込んで言いませんが(笑)

普段の生活をしているとアフリカの情報などまず入ってはきません。
これがスラム街の現状なのか。汚いドブ川のそばをあばら家が立ち並ぶ。不衛生極まりない雑多な生活圏ですが、そこには活気に満ちた人々がリアルに映し出されます。
この映像に圧倒されました。ハンディカメラで撮影されたので、手振れで目が回りそうでしたが、ドキュメントタッチで描こうとする監督の意図を感じ、本当に起こった事件なのでは?と錯覚するぐらいです。

もしこの陰謀が事実でドキュメンタリーなら、今頃映画のスタッフ達は消されて、この世にいないかも知れません(笑)


現実逃避度  ★★★☆☆
リアル生活度 ★★★★★
切なさ度   ★★★★★
≪総合評価≫ ★★★★★★★★☆☆(10点中8点)

↓以下【作品詳細】&【ネタバレ感想】
続きを読む >>
| 洋画−ナ行 | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ナルニア国物語〜第一章 ライオンと魔女


『ナルニア物語』の原作はC・S・ルイスが今から約50年前に書いた、全7巻からなる有名なファンタジーなのだそうです。書店でパラパラと立ち読みはしました(買えよ悲しい
余談ですが作者ルイスは『指輪物語』(ロード・オブ・ザ・リング)の作者トールキンと同僚かつ親友だったらしい。

ディズニーの映画と聞くとまず、お子様向けかな?という先入観が来てしまいます。どうにもディズニー映画は、総じて優等生的で毒々しい物、俗っぽい物の欠片も無いのが物足りないのです。ある程度のレベルには達していて、決してつまらない訳ではありません。が、深く心底突き刺さるものには今まで出会えていないのです。(というかそれほど観てないんだけどたらーっ


さて『ナルニア物語』も果たしてそのような印象でした。タンスの奥には別世界が・・・というのは夢のある設定で面白い。私が小さい頃、押入れの天井が屋根裏に続いていてドキドキして覗いたのを思い出しました。
しかし、『ロード・オブ〜』が大人の為のファンタジーなら、こちらは純粋な児童文学。つまり優等生なんです。ダークな部分は見当たらず、悪役も予定調和的な悪役加減(?)怖いのは狼軍団ぐらいなのね。

内容は可も無く不可も無く。格別に面白いわけではありませんが、観ていて飽きる事はありません。ストーリーは分かり易いですが、所々??な部分も。シリーズ第1作目という事で登場人物の紹介に時間を割いているので分かり易いのも当たり前ですが、その分物語にあまり深みはありません。

4人それぞれにスポットを当てようとするため話が散漫になっているし、RPGの元になったような作品なのに、子供たちが成長するヒマがないまま、いつの間にか巻き込まれていった様子に見えます。
4人の普通の子供達が、戦争の渦に巻き込まれていく事への戸惑いや、英雄扱いされる事への苦悩などの心理描写が、もう少し丁寧に描かれていればという気がします。

あと、状況説明が足りない。アスランと白い魔女との関係、なぜアスランが100年も眠っていたのか、子供達がナルニアの救世主となる理由、この辺もっと解説があってもよかった。

真っ白な雪の世界や、緑あふれる草原など、色彩豊かなシーンが爽やかな気分にさせられます。戦闘シーンもピーカンの日差しの中で繰り広げられ、戦いの悲惨さは皆無です。

最近の戦争シーンは、大群同士によるお決まりのパターンが多いですね。本作もキッチリ周到しています。違うのはジュマンジ並みに動物が暴れるところでしょうか。でも、現実世界で戦争を避け疎開してきたはずの兄妹が、ナルニアで戦争の中心になるなんて皮肉ですね。
子供を対象とするなら、わざわざお決まりの戦闘をしなくても、魔女との知恵比べとか度胸試しとか、そんな決着の付け方でも面白かったかも?と思いました。

「続編に続く」という終わり方をする映画は、スッキリしなくて好きではありません。わざわざ「第1章」とタイトルに付けている本作も「続く」って感じで終わるのかな?と覚悟はしていたのですが、充分1作で完結出来ている作品でした。この点は非常に好印象。気持ちが良かった。
ただ、あの子たちがどのように成長していくか続きが見たい!とは思えなかったんですよね。この後どうなるんだろうというワクワク感が・・・ない。



エンドロール途中で一つ映像が。少々短かったが、こういうのをもっと増やして欲しいです。最後まで観ればおまけ映像が観られるという特典は大いに推奨します。
バタバタと席を立たれるとムカつきます。しかもしゃべりだします。蹴り入れたくなります。


現実逃避度 ★★★★☆
リアルCG度 ★★★★☆
スケール感 ★★☆☆☆
≪総合評価≫★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)


↓以下【作品詳細】&【ネタばれ感想】

続きを読む >>
| 洋画−ナ行 | 01:57 | comments(0) | trackbacks(2) | ↑TOP
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(ビデオ鑑賞)
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

ただいま公開中の『コープスブライド』を受け、改めて本作を見直してみました。
12年前の作品ですが、公開当時はこの表現方法とセンスに驚きました。人形を使ったストップモーションなんて童話とかのお子様向きのイメージしかなかったのに、何ゆえこんな不気味でおぞましい世界を創作したのか?見る人によっては嫌悪感を抱くかも知れません。しかし私はこの世界観は好きでした。なによりデザインセンスがいい。画面の構成も目を見張るものがあります。
『コープスブライド』に比べれば、確かに動きがぎこちないが、そこがパペットアニメのいい所なのです。

監督はヘンリー・セリックとなっていますが、この方はストップモーションに精通した方だとか(詳しく知らないのですみません)
ですが、原案、キャラデザイン、製作とティム・バートンが関わり、その世界観にはティムのイメージが大きく影響していると思われます。


ナイトメアとは、悪夢または夢魔(夢に出て来る魔物)の事。この魔物たちが集まる「ハロウィンタウン」のリーダー≪ジャック≫は毎年毎年、同じように繰り広げられるハロウィンに嫌気がさしていました。彼は森の中で「クリスマスタウン」への扉を見つけ、その中で、とても楽しくきらびやかなクリスマスの光景を見るのです。
そこから帰ってきたジャックは、ハロウィンの代わりにクリスマスを計画するのですが、ハロウィンの世界観しかもっていない彼らが計画したクリスマスとは・・・。

ジャックのいるハロウィンタウンはモノクロ気味の抑えた色調。全体に重た〜い雰囲気がにじみ出ています。対象にクリスマスタウンの色とりどりな事!ジャックでなくても心躍ります。
ハロウィンを全面に押し出した新感覚のクリスマスは、とても不気味で気持ち悪い。ブラックユーモアが効いていて、思わずニヤリとしてしまいます。
特に、子供達に配られるプレゼントが卒倒もの。わくわくしながら開けたプレゼントにあんな物が入っていたら大変です。

ミュージカル仕立てになっていて、各シーンの音楽がなかなか良い。ハロウィンの住人が唄うOPは耳に付いて離れないし、ジャックが一人満月をバックに唄うシーンはとても美しい。

私はこれを観る前、ハロウィンというものがどんな物なのかよく知りませんでした。カボチャをくり抜いたランプと、子供らがお菓子を貰いに各家を廻る、くらいしか知識が無かった。
っていうか、今でもいつがハロウィンでいつがイースターだかよくは分からないのですが(爆

しかし、バートン監督はバットマンより後にわざわざこれに(クラシカルな手法)挑戦するというのがおバカです。CGがドンドン投入されていった頃なのに。しかし敢えてパペットを最新技術で撮影するところが、おバカというより世間に対する挑戦状だったのかも知れません。気味の悪いブラックな内容に仕上げたのも挑戦的ですし。
近年ティム・バートンというだけで客が入る、まるでルーカスかスピルバーグのような存在になって来ていますが、彼のマニアックな作風は本来そんなに持ち上げられる様なものではないと思うのですが。
しかし、自由奔放に作る彼の作品に日ごろのストレスを解消させる事が出来るのかも知れません。(チャリチョコは逆にストレスが溜まりましたが)


現実逃避度 ★★★★★
独特世界度 ★★★★★
ハッピーXmas度 ★☆☆☆☆
≪総合評価≫★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)

↓以下【作品詳細】&【ネタバレ感想】
続きを読む >>
| 洋画−ナ行 | 07:00 | comments(5) | trackbacks(3) | ↑TOP
28日後・・・(DVD観賞)
28日後...特別編
ドーンオブザデッドを観た後、この『28日後・・・』が良く似た映画だと、よそのレビューで読んだのでレンタルしました。

舞台はイギリス。深夜のケンブリッッジ霊長類研究所にて、動物愛護団体グループが実験用に捕われているサル達を開放すべく潜入。チンパンジーを開放したはいいが、実は実験用ウイルスを持っていてメンバーが感染した・・・。
・・・そして28日後、病室に一人の男ジムが・・・。彼は28日間、昏睡状態であった。病院内にもおもてに出ても誰一人いない。

よくこんな人間が一人もいないロンドンの映像が撮れたものだ。この静かなる大都市の映像が異変の規模を物語る。この導入部は引き込まれる。
この話ではゾンビ=死者ではなく、感染者のようです。彼ら感染者に噛まれたり、血、唾液を浴びると(目、口などの粘膜に入ると)10〜20秒の間にたちまち感染してしまう。そしてすぐに殺さないと確実にやられる・・・。
彼らは夜行性、昼間は隠れていて夜になると、かなりアクティブでスピーディになる。なるほどこの機敏性、たしかに『ドーン・・・』に共通する。というかこちらの方が公開は早いんですね。

町で生き残りのセリーナ、マークに出会う。彼らの話ではイギリス国民は国外退去し、パリやニューヨークでも感染者が出たとTVが伝えたそうだ。がその後TVは流れない・・・。
中盤に出会うフランクとハンナ父娘との逃避行、この間の交流、親子愛が殺伐とした世界に一服の清涼剤をもたらす。絶えずラジオから流れる放送は第42封鎖隊。そこを目指し4人は車を走らせる。
そしてやっと着いた封鎖隊の基地。この大事変にもさすが軍隊。パニくる事もなく統率された組織が頼もしい!と思ったら、やはり同じ建物で多くの人間が顔を突き合わせていると確執も生まれる様です。
ゾンビ映画と思って観たがそうではありません。それより終末時の人間模様を描くのに重きを置いています。軍隊内での出来事はまさに起こる得る感じです。最終的には一番怖いのは人間の性という事でしょうか。

DVD版のラストは希望が持てて良いです。公開版は悲しすぎ。

現実逃避度   ★★★★☆
島国悲哀度   ★★★☆☆
モザイク無度  ★★★★★

≪総合評価≫  ★★★★★☆☆☆☆☆(10点中5点)
続きを読む >>
| 洋画−ナ行 | 23:56 | comments(2) | trackbacks(3) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!