ランド・オブ・オズ1
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
容疑者 室井慎次
容疑者 室井慎次
新宿で起きた殺人事件の捜査本部長を務めていた室井管理官。逃げ出した被疑者がトラックに轢かれ即死した。そして彼は拘置所に身柄を拘束される・・・。
普段映画を見る時は、なるべく予備知識を付けないで観るようにしています。しかし、シリーズものとなると今までのイメージをどうしても引きずります。今回あえてシリーズを忘れまっさらの状態で観る努力をしました。

この映画の雰囲気は暗く重たいです。雨のシーン、雪のシーンがさらに重くしています。その中でとりわけ重いのが室井の口。彼はなぜあれほど喋らないのでしょう?逮捕されて中盤までずっと拘置所の中。そして出所してからも自由に動けない身。そんな彼が主人公なのでこの映画は大きな動きがないまま進んでいきます。
代わりに田中麗奈が走りまくり。画面にメリハリを付ける為に走っているとしか思えません(笑)が、いわゆる女走りでないのが頼もしい。
しかし、麗奈演じる小原弁護士にはこの捜査が荷が重いのと同じく、麗奈がこの役をやるには少し若かったかなと。そうそうたるメンバーの中、彼女は浮いてしまい演技の未熟さを露呈してしまった。
彼女に弁護を任せる理由も曖昧ですし、新人とはいえ弁護士と思えない知識のなさは法律学科の一年生レベルです。これは演出の責任ですがね。
序盤の田中麗奈のナレは声だけ聞くとスゴク幼い。この声が目立って浮いている。でもまあ、カワイイから良しとするか(ミーハーだw)

『警視庁』と『警察庁』という2つの大きな権力争いに巻き込まれていく中で、室井の捜査に対する真摯な姿勢と強い責任感、真犯人がいるはずだという頑固さゆえ、自らを窮地に追い込むことになります。



気になった点。(本筋には触れてません、と思う)
1、スティディカムの操作が悪く、グ〜と回り込んで寄っていく時にガクガクと画面が揺れる。これなら使うなよと思ったら、序盤の2箇所だけでその後回り込みは無かった。台本通りに撮るわけじゃないが、これはイカンと思ったのだろうか。
2、演出だろうか?画面が暗すぎてよく分からないところがある。意図的にしては意味が無い。あと台詞が聞こえない箇所がある。これもカット割りしてまで使ってるが同じく意味なし。
3、新宿北署だが、なぜあんな博物館のような建物をロケ場所に選んだのか?クラシカルな建物が何やら温もりがありすぎて、この話に合わないと思う。必要性も感じない。そして哀川率いる北署の人間はなぜ団体行動?
4、携帯またはデジカメで写真を撮る場面が目立つ。弁護士団が撮るのは証拠写真のためだろうが、他の人は意図があるのか?実際、街中で遠慮なくパシャパシャ撮っている人はそんなにはいない。
5、八嶋演じる弁護士は漫画キャラっぽくて現実感がない。

とまあこんなトコにしといて、良い点を。
1、若い頃は主演ドラマもあったが、近頃は脇役が多かったギバちゃんが大活躍!室井の心情がよく表現出来ていたと思います。何か寡黙な男のイメージが定着してしまい悲しい。昔はバラエティで田舎のアンちゃんっぽい感じが良かったのに。
2、なっちゃんのCMに出てる頃は、元ヤンキーだのと噂された田中麗奈も立派になりました。このまま健康路線でいって欲しい反面、もう少し艶っぽい処も見てみたい、とも思ふ複雑な心境。
3、豪華で個性派キャスト。哀川翔、筧利夫、真矢みき、八嶋智人、吹越満、佐野史郎、柄本明など。スリーアミーゴスもファンサービスのため姿を見せる。数少ない笑いが起こった場面でした。

何か良い点が本編と関係ないところにありますね(>0<)

シリーズ特有のテンポの良さがない,,,というのは本作は別物だと考えるとして、やはり演出のまずさかなあ。
どうせ動かないならもっとアタマを使い知恵比べみたいに出来なかったか?
室井さんは周りに翻弄され戸惑うだけで、とても管理官にまで昇った人と思えません。社会では理想とする生き方は難しい、派閥のうねりに巻き込まれる苦悩というのはよく伝わってきますが、主軸はそこではない。

話は重いのに深みはありません。伏線なし、複数の事件が同時進行する事も犯人との駆け引きも無い。設定やセットがリアルでないし、特にラストは今まで引っ張ってきた事が、学芸会のようなノリで台無しになってしまいました。

一緒に行った連れは思いっきり『真下 …』のイメージを引きずっていたので、「何かつまんない、2時間ドラマでやればいい・・・」と呟いていました。
・・・この作品は今までと別物と考えて観たつもりでした。・・・が、私も同じ思いで帰路につきました・・・。


現実逃避度        ★★★☆☆
緊迫度         ★☆☆☆☆
あちゃ、またラストが…度 ★★★★★

≪総合評価≫ ★★★★★☆☆☆☆☆(10点中5点)


↓以下【作品詳細】&【危険ネタバレ】
続きを読む >>
| 邦画−や行 | 11:39 | comments(10) | trackbacks(36) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CDショップでは手に入らない<BR>通販オリジナルBOXを中心に販売中。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
120×60    バナー          サンタ・リタ・カベルネ・ソービニヨン・リゼルバ              パイパー・エドシック・ブリュット          ブエナ・ビスタ・ジンファンデル 酒蔵(さけぐら).com02 クロネコヤマトのブックサービス バナー100_60          今週の新着情報!          ムシキング サカつく120_40
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無料カウンター ご縁カウンタFree!